スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイブコーラル(洞窟珊瑚)

 14, 2018 02:00
洞窟にはケイブコーラル(洞窟珊瑚)と呼ばれる二次生成物(鍾乳石)があります。
この写真の壁にあるボコボコがそれです。
IMGP9109_2018071322295074b.jpg
PENTAX K-70 / SIGMA_18-35mm_F1.8_DC_HSM_Art




ちょっとなんか、珊瑚の表面みたいに見えませんか?笑
見えないかな…笑

洞窟の壁や天井にニョキニョキと生えた特殊な二次生成物が、まるで珊瑚(コーラル)のようなので、
ケイブコーラル(洞窟珊瑚)と呼ばれています。
IMGP9115_20180713223126e94.jpg
PENTAX K-70 / SIGMA_18-35mm_F1.8_DC_HSM_Art



そもそも鍾乳洞を形作る石灰石は、遠い昔存在した珊瑚などの化石が元となっていますが、
この二次生成物が『珊瑚っぽい形』になる要因とは全く関係ありません。

ケイブコーラルは洞窟を通り抜ける風が要因で出来る二次生成物とされており、
風が吹いてくる方向にニョキニョキと伸びていくそうです。

なので、ケイブコーラルは洞窟の広い場所より狭い場所に多いです。風が圧縮されて強く吹きますからね。
IMGP9119_20180713223127be8.jpg
PENTAX K-70 / SIGMA_18-35mm_F1.8_DC_HSM_Art



観光洞では中々見かけることが無いですが(基本的に広い通路しか無いからかな?)、
もし洞窟の狭くなっている場所で壁がボコボコとしていたら、
ケイブコーラルを探してみるのも面白いかもしれません。

一応珍しい二次生成物、らしいので。(観光洞以外では割とよく見かけるけど…笑)
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-70 SIGMA_18-35mm_F1.8_DC_HSM_Art

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。