シイノトモシビタケの灯火

 02, 2017 17:00
昨夜から今朝(夜明け)にかけて「シイノトモシビタケ」という光るキノコを探しに出かけてました。

2日前の夜にネットニュースで丁度今が時期という情報を得たはいいけど、詳しい場所の情報は一切無かったので
「見つかるかなぁ…」
と若干の不安を抱えながらバイクを走らせましたが、、、
K1IM8515-1_20170702082900d23.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


なんとか見つかりました…!


実際に目で見れて感動してしまった。すげー綺麗。

ちなみにライト当てて見たらこんな感じ。
K1IM8516-2_20170702082902890.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


普通のキノコって感じですね。


この普通っぽいキノコが、蛍と同様に
K1IM8519-4_201707020828465eb.jpg
K1IM8518-3_20170702082845a81.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited


ボワーッと光るんだから不思議なもんです。



普通のキノコと同様に菌糸も有ります。
K1IM8526-7_20170702082850931.jpg
K1IM8529-1-2_20170702082851dbc.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


ただ菌糸は光ってない…かな?多分。照らされてるだけのように見えます。




実は上の彼らが生えてるのは樹のウロ。
木の容器に入っているようで、何だか可愛いですね。
K1IM8522-5_20170702082847308.jpg
K1IM8523-6_20170702082849ff9.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited




外から殆ど中が見えない深いウロの中にもチラホラ。
K1IM8542-13_20170702082857942.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



もちろんウロ以外にも生えてて、母体の木全体を見るとこんな感じ。
K1IM8533-8_201707020828536f5.jpg
K1IM8534-9_201707020828546ab.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


まるで星空のようですね。

長時間露光とノイズリダクションで暇を持て余している間は、
一面の光の粒の前に座って、ボーっとこの不思議な光景を眺めていました。



あ、そうだ。
面白い写真があるんですよ。

この写真は7/1の23:39に撮影。
K1IM8491_2017070208314838f.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


こっちの写真は同じキノコを約4時間後の7/2の3:51に撮影。
K1IM8537-11_20170702082856d26.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


明らかに光が弱くなってますよね。

まさか4時間でこうも光の強さが変わるとは。

もうしばらくしたら光らなくなるんでしょうね。
小さな若いキノコは大きく年老いたキノコより強い光を放っていたので
成長しきると段々光が弱くなるんだろうとは思ってましたが、
こんなにもめまぐるしく光の強さが変わっていくとは…

しかも一番後ろに写ってるキノコは4時間後で傘の一部が欠けているように見えます。
虫に食べられたんでしょうか。
光る目的は未だによくわかってないそうですが、虫を誘引して胞子を拡散するためという説があるようで、
だとしたらキノコにすれば、虫に食べられて大成功、と言ったところでしょうか。



さてそうこうしてたらあっという間に夜が明けてしまいました。

光るキノコ撮影もここいらで潮時ですね。

最後に一枚パシャり。
K1IM8553-2_20170702082859224.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


今年は去年に比べるとずっとシイノトモシビタケの数が多いそうです。

来年も豊作だといいなぁ…


おしまい。




スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR HD_PENTAX-DA_35mm_F2.8_Macro_Limited SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

COMMENT 18

クラフト親父  2017, 07. 02 [Sun] 20:40

幻想的な光景ですね。
よく見ると可愛い!

不思議な世界ってありますねぇ!

Edit | Reply | 

セブン  2017, 07. 02 [Sun] 21:52

はじめまして

ブログ初めて拝見しました!
キノコの写真とても綺麗ですね!
4時間でキノコの光り方が結構変わるのが不思議でおもしろいなーと思いました

今後もブログ楽しみにしています!!

Edit | Reply | 

さゆうさん  2017, 07. 03 [Mon] 16:57

こんばんは。
なんと幻想的な光景でしょう。
この様に光るキノコもあるんですねー。
良いものを紹介ありがとうです。

Edit | Reply | 

まっ黒くろすけ  2017, 07. 03 [Mon] 23:23

光るキノコ。。ファンタスティックで素敵ですね。
今年、山の帰りにクラゲの水族館に寄りたいと思っているのですが、妄想族のくろすけには。どちらも神秘的に映ります。(^-^;

Edit | Reply | 

Ichi  2017, 07. 04 [Tue] 00:31

もぐらいどさん、はじめまして。
コメント失礼いたします(^_^*)

本当にこれほど光を放つキノコがあるなんて!!驚きました〜。
実際に見れば幻想的でうっとりしそうです。

Edit | Reply | 

はじけ猫  2017, 07. 04 [Tue] 08:39

ガレのランプみたい♪

仏蘭西のアールヌーボー作家で、ガレっているんだけどさ、
その人の作品に、ヒトヨタケのランプってのがあるのよ。
この、発光キノコ、正にそんな感じ!!
妖しいグリーンが闇夜に映えるわ~♪
狭くて暗いとこ、怖いけど、これは見る価値あるかもね?

Edit | Reply | 

Matsumoto  2017, 07. 04 [Tue] 11:39

詳しい情報も無くて探し出せるんですね(^^;
やはり知識と経験が必要なのでしょうね
しかし、素晴らしいですね~これぞ自然の美と思えます♪
素敵な写真が拝見出来てうれしいです♪

ちなみに私は関西人です(^;

Edit | Reply | 

華織(KAORU)  2017, 07. 04 [Tue] 16:03

No title

はじめまして。
キノコ女(笑)としては食い入るように眺めてしまいました。
本当に美しいですね。
ヒカルキノコを撮ってみたい!!が山に夜入るのはね・・・(苦笑)

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 04 [Tue] 19:04

>クラフト親父さん
こんにちは。コメントありがとうございます!
僕がキノコ好きというのもあるとは思いますが、光って無くても小さくて可愛いキノコでした。そんな可愛いキノコが光るんだから尚かわいいですね。笑
しかし光るキノコを見たのは初めてだったので、仰るように不思議な光景にちょっと夢を見ているような気持ちでした。

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 04 [Tue] 19:07

>セブンさん
初めましてこんにちは。
結構長々と書いたので、そこまで細かく読んで下さり嬉しいです。ありがとうございます笑
光っている状況を紹介するブログは幾つか見たんですが、光り方の変遷は目で見て初めてわかったので面白かったです。

今後とも宜しくお願い致します。

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 04 [Tue] 19:13

>さゆうさん
コメントありがとうございます!
光るキノコは普段目にしないので不思議ですよね。
このキノコの他にも光るキノコは何種類かあって、八丈島に生えている「ヤコウタケ」は光が強くて、その光で本が読めるほど、だとか図鑑で見た記憶があります。
さすがに今回見たシイノトモシビタケの光では到底本は読めそうに無いので、いつかヤコウタケを見てみたいなぁと思っております。

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 04 [Tue] 19:20

>まっ黒くろすけさん
こんにちは。いつもありがとうございます!
クラゲ博物館は千葉勝沼のマイナーな所しか行ったことがありませんが、とても面白かったです。
クラゲも不思議で心惹かれますよね。
山形にあるという大きなクラゲ博物館に行ってみたいなぁと思う今日この頃です。笑

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 04 [Tue] 19:24

>Ichiさん
初めましてこんにちは!
写真は長時間露光を使用して撮影しているので、実際に目で見た場合はここまで強くは無いですが、光っているのっはハッキリ分かって感動モノでした。
これとは別の「ヤコウタケ」というキノコは本が読めるほどに強い光を放つとの記述を見たことがあるので、もっと強く光を放っているのかもしれません。
いつかこの目で見てみたいところです…笑

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 04 [Tue] 19:35

>はじけ猫さん
こんにちは。
ガレのキノコランプなんか僕も知ってます。
ガレのランプいいですよね。言われて見ればコレもガレランプっぽいですね。笑
シイノトモシビタケをライトに照らして見た時に、形はヒトヨタケに似てるなぁと思っていました。
ちなみにこのキノコがある場所は森の中ではありますが、そんなに狭い感じではないので安心(?)ですよ。笑

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 04 [Tue] 19:41

>Matsumotoさん
こんにちは。コメントありがとうございます!
情報の無い(少ない)場所に行くのは大変ですが、これまで鉱物探しで培われた経験?に助けられ見つける事ができました。笑

ちなみに関西圏は兵庫と和歌山の南の方に光るキノコがあるため、関西ご在住の方は光るキノコを見るのに恵まれているかもしれません。
もしよければ是非光るキノコを探してみて下さい。笑

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 04 [Tue] 19:47

>華織(KAORU)さん
初めましてこんにちは!
僕も昔からキノコ男で光るキノコに憧れていたので、今回実際に見る事ができて感激しまくりでした。
夜の森はちょっと… ということでしたら八丈島や和歌山の南の方で観察会や撮影会を行っているようです。もしくはヤコウタケの栽培キットというのも売ってあるそうなので、是非ご検討下さい。笑

Edit | Reply | 

ラムボク  2017, 07. 07 [Fri] 23:33

今調べたらシイノトモシビタケはルシフェリンで光るとのこと、蛍光ですね。しかし、こんなに綺麗に撮れるなら、もって帰って飾りたいですが、やはり野に置け蓮華草ですね。

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 07. 08 [Sat] 19:25

こんにちは!いつもありがとうございます。
そうですね。蛍と同じルシフェリンとルシフェラーゼによる発光のようですね。
光るキノコの栽培キットというのがあるらしいですが(こちらはヤコウタケ)、萎れると光らなくなってしまうそうです。
なので持って帰っても帰宅した時には光らなくなっていそうです…笑
飾れたら素敵なんですけどね。笑

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?