水面から10cm

 23, 2017 19:00
洞窟ではしばしば
水面と天井までの空間が殆ど無いような通路が現れる事がある。

K1IM4657-25_201705230131250b7.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


写真の場所なんかがそんな所。

狭い箇所では水面から天井まで10cm無い位だろうか。水深は1m位あるので進む事は可能。
K1IM4660-28_20170523013120093.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



ただし、こういう場所ではヘルメットを着けたままだとつっかえて溺れてしまう。
それに顔を天井に向けて進む事になるので、ライトが進行方向を照らしてくれない。


なので、通過前にヘルメットを外し、
K1IM4658-26_20170523013126cf3.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



手で持って前を照らしながら進みます。
K1IM4656-24_201705230131235aa.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



荷物を入れたアタックザックは先に押し出すか、後から引き込むか。
K1IM4659-27_20170523013128dbc.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



自分が通過する時は一眼レフが水没してぶっ壊れそうで怖い怖い。



こういう場所を通過するのは大変だけど、

その先には未だ見ぬ素晴らしい光景が広がっていたりするわけです。
K1IM4661-29_20170523013121752.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art




この先の写真は、また今度。



スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

COMMENT 2

Lime  2017, 05. 29 [Mon] 11:47

早よ次・・・

もぐらのせっちん様

うわぁ・・・今回もハードな探索をしてますね!
まさに「サンクタム」を思い出すかのような洞窟+水のシーンです。
こうやって画面で見る方はいいですが、実際にヤルほうは怖いです・・・でも興味深々!

メールアドレスを書いておきました、もしよろしければメール頂けると幸いです。

カメラの水没の危険性が大ですね・・・防水ハウジングとかは高価なんでしょうか?

続きが楽しみでしょうがないです・・・

ではでは・・・

Edit | Reply | 

もぐら  2017, 05. 30 [Tue] 20:17

こんにちは!
いつもありがとうございます笑

サンクタムは怖いですよねぇ。特にディセンダーに髪の毛が巻き込まれる所が… ヒィ…
あの映画はケイバーの間では「やってはいけない事を連続してやっていく映画」と、ある意味参考にしています…笑

カメラの防水は『ディカパック』というのを使っています。アマゾンで8000円位です。
http://www.dicapac.jp/wp_slr.html
レンズ前のフタが簡単に着脱できるので、撮影時は外して、水が掛るような場所では硬く締めて水没の危機を回避しています。
元々水中での使用ではフタを着けたまま撮影できるというのがウリなのですが、洞窟ではすぐにフタの透明窓が傷ついて綺麗に撮影できなくなるのでこんな使い方をしています。フタ着脱での使い方をしないならアマゾンで1000円くらいの防水道具があるんですけどね笑

メールの件承知致しました!しばしお待ち下さい…!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?