年末洞窟活動 九折瀬洞

 15, 2017 19:00
前回「宮園のお宿」に泊まった翌日の2016/12/30、
熊本県は「九折瀬洞」で活動しました。
K1IM3801-5_201704100054188b9.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



今回は活動記で結構長くなっているので、
続きはContinue Readingからどうぞ。

.


車全体がガチガチに凍る寒さの中、
極寒の川に沿って洞口を目指しました…。 これしかルートが無いんです…
K1IM3636_20170213211128307.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


岸がない場所が点在するので川を何度も渡りつつも、
可能な限り水の無い岸を歩いてジグザグと遡上していく。


「太陽光あったけぇ…」
K1IM3641_20170213211129b43.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


川辺の大部分が日陰になってたのでクソ寒い。というか特に僕は前日の洞窟活動(未収録)で全身濡れたからマジで寒い。
こんな車も凍るような寒い時に全身ずぶ濡れの服を着て川をジャバジャバしながら活動するとか
馬鹿じゃねぇのかマジで(自虐

しかし、忍者は前日の活動は参加しておらず、この日から参加なので全身カラッカラで超あったか。

「え?先輩なんでこんなクソ寒い中 そんな全身濡れちゃってんすか?(ニヤニヤ」

チクショウ忍者め…
川渡りでこけて全身ずぶ濡れになれば良いのに…

うう寒い…



そんな何度か目の川渡りの最中、
 ninja c32 re


お分かり頂けただろうか…
暗くて分かりにくいので、
彼(忍者)にだけスポットライトを当ててもう一度…

ninja spot 32c


こいつ川底で滑ってこけやがった!(しかも二回連続
お陰様ですっかり全身びっちょびちょの仲間入り。

やったぜ!!

彼はショックの余り暫く打ちひしがれていました。


「まぁ元気出せよ。さあ行こうぜ(微笑み)」
無言で起き上がる忍者。
K1IM3672_201702132111312dd.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


さあもう(水から)守るべきものは何もありません。

ズンズン進みます。
K1IM3681_20170213211132bc6.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


あ、ここは、
K1IM3690_201702132111352ba.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


ここはあれですね。

前に九大探検部で来たときに同期の友達が飛び込んだ所です。
(詳細はこちら)

飛び込みの踏み切りにピッタリだった丸太が消えちゃってます。
流されたのかな。

川の増水時はここまで水が来るってことですかね。
この辺の木の枝にゴミとかついてますし、恐ろしいですね。

大雨が予想される時は絶対来れませんな。
ちなみに増水時の川の様子が実は過去記事に載ってるので、
興味ある人居たらこちらどうぞ。



さて、記憶では洞口までもうすぐです。
K1IM3697_2017021321113713f.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



薄々思ってましたが、前来たときより増水してます。

雨は降ってないので、雪解け水の影響かな?
K1IM3699_20170213211138088.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


結構な深さになっている川を全身濡れながら渡ります。
K1IM3709_20170213211140d49.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



うひぃ 寒そー
K1IM3710_20170213211141f61.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



九大探検部1年生の女の子も意を決して渡ります。
K1IM3717_2017021321114332c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


その様子はアニメーションgifにてどうぞ。
watari c64
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


よく頑張りました!



寒くて辛い川渡りを繰り返して、遂に、
K1IM3739_2017021321114627b.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



洞口到着!
K1IM3740_201702132111472a8.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


寒すぎて覆面被ってたメンバーが洞口前に鎮座。



おかげでなんか、怪しい覆面男のアジトみたいになってますね。
K1IM3745_20170213211149dc6.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art




「覆面マンのアジトにお邪魔しまーすっ!」
K1IM3748_20170213211150c02.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art






さて中の様子は、
K1IM3756-1_2017021321112293c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


洞口入ってすぐ、いきなりロック出現です。

そんな難易度高いわけじゃないですが、気をつけて行かないとです。
九大一年生の女の子が頑張ってるところ。
K1IM3761-2_20170213211123b7a.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


洞口方向から見たらこんな感じ。
CIMG0257.jpg
CASIO EXILIM EX-FR110H


優しくサポートする先輩メンバー。



お次はその先輩。
K1IM3766-3_20170213211125983.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


こんな感じで全員登ったら最奥へ向けて出発!

でもこの日も洞口到着まで手間取ったり、宮園のお宿が心地よすぎたことなどから、
活動時間が非常に短く、かつカメラレンズが曇り続けたので一眼レフによる洞内写真はほぼありません。

ということで、洞奥についてはケイビングジャーナルからお借りしてたCASIOの新型アクションカメラ
「EX-FR110H」でメンバーの一人が撮った写真でお送りします。



模様が面白い壁面とコウモリ。
CIMG0287.jpg
CASIO EXILIM EX-FR110H



洞奥に複数ある地底湖の1つ。
CIMG0290.jpg
CASIO EXILIM EX-FR110H


地底湖は透明度高いんですが、写すのは中々難しいみたいです。


綺麗な地底湖を見る人々。
CIMG0288.jpg
CASIO EXILIM EX-FR110H



と、こんな感じで一気にいける所まで行って、
一気に出洞しました。
K1IM3801-5_20170213211126b04.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


外の光が綺麗。

尚タイムアップにより最奥には行けておりません…笑

いつかリベンジやな。


一人で洞口付近の写真を撮ってると外でみんながバシャバシャ服洗ってるようです。
K1IM3817-7_20170213211246c46.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



洗いの様子。
CIMG0304.jpg
CASIO EXILIM EX-FR110H



九折瀬洞は洞内も外の川も、水が本当に綺麗です。
K1IM3826-10_20170213211247563.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



前来たのは夏だったので、遊んで帰ったなぁ。


でもこの日は死ぬほど寒いので遊ばず帰ります。
K1IM3838_20170213211248125.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



帰りの方が事故する事多いから気をつけてね。
K1IM3839_20170213211250929.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



最後尾から安全を見てくれるいい先輩。
K1IM3841_20170213211252752.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



幾ら歩いても身体が暖まらないまま車へ到着。
至福の着替えを済ませて、軽くミーティングして、
K1IM3847_2017021321125353f.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


この日の活動終了!


いやー 大急ぎの活動だったけど、なんか 良かったね。
また来たいな。写真リベンジに。


とか思ってたら、この後悪夢が待ち受けているとは、このときは知る由も(以下略

つづく。


スポンサーサイト

Tag:PENTA_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

COMMENT 0

WHAT'S NEW?