未知洞窟探査 庭先の穴

 29, 2017 17:00
さて、前回からかなーり時間が経ってしまいましたが、
2016年末に行った未知洞窟探査の続きです。

今回はある御宅の庭先にある穴の調査結果です。
K1IM0223_201701290305145ee.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


地元の人に案内して頂き、穴があるというおうちの方へ挨拶をして
庭先の穴へ。

入り口は匍匐前進かハイハイでしか進めないくらいの小さな穴です。
K1IM0179_20170129030504f8a.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



でも昔この穴に入った事がある方のお話では、

奥は広くなってて結構進む事が出来、
暫く進むと水流にぶつかり更に左右へ進めた。
ただ昔に比べて今はなんだか入り口に土が増えて狭くなった気がする。

とのことでした。

また、大雨が降るとこの穴から水が出てくるそうな。


まぁ百聞は一見にしかず!
早速入ってみようー!
K1IM0182_20170129030505d0c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art





1分後






「すぐ終わってましたよ。この穴」
K1IM0191_20170129030500a64.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



爽やかな笑顔で何てこと言いやがる…!


残念ながらこの穴も残念だったようです…。残念…。


ただすぐ終わってはいるものの、奥は広くなっているそうで、
気になるので僕も入ってみました。


聞いた通り3m程進むとホールがあり、そこには
K1IM0209_20170129030513c38.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



『おあっ?! でかいミミズ!?』


と見紛うような木の根がありました。シーボルトミミズかと思ったよ。
多分上にある梅の木か何かの根でしょう。
根の周りには地上から流入したんだろうなぁと言う感じの土がたっぷりです。

流入土は、普通洞窟にある栄養が少なそうな黄土色の土ではなく、
いかにも畑にありそうな焦げ茶色のしっとりした土でした。


ここはこんなもんで終わりか?と思って奥の方を見ると
K1IM0193_20170129030501e1d.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art

わずかに隙間があいてます。

畑っぽい土で埋まる前は、お話に聞いた通り、この先へさらに進めたのかもしれません。
わずかに風も吹いていたようなので、この先に空間がありそうな雰囲気はありました。
今はもう行けませんが…笑



ということで庭先の穴調査終了!
『出洞!』
K1IM0205_20170129030503090.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art





これで今回の調査で予定していた穴は全て終わってしまいました。

大洞窟、と呼べるような穴は残念ながら有りませんでしたが、
普通は新洞探しなんてそんなものなので、まぁしょうがないね!
と帰ろうと思っていると、地元の方が

「いやぁ ここまでわざわざ来てもらってこれじゃ申し訳ないなぁ…
そういえばあそこ、あの穴は知ってるかなぁ…

300m位はある穴なんだけどね」


僕ら「えっ?300m!?」
K1IM0230_20170129030515654.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



次回に続く。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

COMMENT 0

WHAT'S NEW?