未知洞窟探査 弁天穴

 28, 2016 19:00
今年ももう終わりますね。

前回のグラウンド端の穴に続き、未知洞窟探査です。

これは年内完結は無理ですね…笑


さてさて、次に調査したのは川辺に開いた亀裂のような穴。
地元では弁天穴と呼ばれているそうです。
K1IM0123_20161228022156133.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


写真枚数多いんで、続きはContinue Readingからどうぞ。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
.
.

目的地の亀裂穴へ向かうべく、田畑の間の道を歩きます。
K1IM0062_201612280140465ed.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



そんで到着!
K1IM0069_20161228014048dbf.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



入洞前に今回ずっと案内して下さった地域の方と一緒にパシャリ。
K1IM0076_20161228014041722.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


僕が撮影したんで僕は写ってないです・笑



さてさて、洞窟の中に入ってみると、
K1IM0154_201612280141246f4.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


今はもうほぼ成長してないであろう、風化した鍾乳石が。


K1IM0156_20161228014118da1.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


この白い所は今もしくは割と最近まで成長しているのかもしれませんね。




こちらは含有する泥分が多いのか、鍾乳石の茶色が強いです。
風化で表面に着いているだけかもしれませんが。
K1IM0161_20161228014131165.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art




さて、更に進むと
K1IM0165_20161228014129886.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


かつての取水ケーブル(現在は使用していない)が地底湖へ吸い込まれて行ってます。


この地底湖はこの写真のように迂回ルートが無く、
K1IM0078_2016122801404259c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



この先を見るには浸かるしかありません…。
Oh My…



地底湖をちょっと進んで後ろを振り返って見たところ。
K1IM0090_201612280140585a2.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


向こうに見える光は他のメンバーの光。

メンバー6人中4人は濡れるの嫌で待機してました。
ちっくしょ俺だって濡れたく無かったのに…!



でも特攻隊長の彼は余裕で来てくれました。
K1IM0130_20161228014108d4e.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


さすが最前線君。最高です。

ちなみに深いところは水深が写真くらいあり、


増水時は更に増えるっぽいです。
K1IM0087_20161228014056741.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



しかしこの地底湖、この先は続いて無さそう…
K1IM0123_201612280141076db.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



最奥を照らしてみても、特に進めそうな穴は見当たりません。
K1IM0121_201612280141131a4.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



「どっか進める場所無いかなー」
K1IM0103_20161228014111899.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



「まぁあるとしたら…」
K1IM0095_201612280140593ea.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art




はい、もう進める道が有るとしたら、この隙間しかありません。



K1IM0097_2016122801405461d.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



もし行くとしたら沖永良部島の洞窟でチラホラ強制される、
所謂『ひょっとこ』とか『トツル』とか言うのをしないと進めないので、
とっても行きたくありません。

まぁでも進めるとしたら進まざるを得ないので
K1IM0102_201612280140554c0.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


耳を水に浸しながら奥をよーく見てみます。


すると、
K1IM0085_201612280140432cf.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



うん、これは完全に進めませんね。

水中洞窟になってるかもしれませんが、そんなの絶対行けないし…


てことで弁天洞はここまで。

全容がわかったので調査終了
K1IM0135_2016122801411050c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



撤収。
K1IM0145_2016122801411929a.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



帰りに気付いたんですが、この洞窟の壁、ヤスデがヤバイ…。
K1IM0148_20161228014121815.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



きんもちわっるー。

何でこんな集まってるんですかね。

他の洞窟ではちょっと中々見ない光景です。
少なくとも僕は初めて見ました。

なんでだろう。謎。



謎は謎のまま出洞。
K1IM0151_201612280141221de.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


総延長は25mと言った所でしょうか。

うーむ。洞口の大きさから期待してただけにちょっと残念。


さて次はある御宅のお庭に開いた穴を調べます。

続きはこちらから。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

COMMENT 0

WHAT'S NEW?