ぎょがんぬ

 26, 2016 19:00
魚眼レンズを手に入れました。

SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEってやつです。
F2.8あるから、星とか洞窟内での移動中撮影に良いかなぁと思って。

いや、前に後輩のレンズ借りて星撮ったのが予想外にとても面白かったので、
つい、また散財を…



さて、今回は初陣として猫撮り行ってきました。
K1IM1740_20161226022330799.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE


すやすやと気持ち良さそうに寝ておられます。

というか魚眼は対角で180度写るだけあって、すごいですね。
結構猫に近付いて撮ったのに、空が沢山写ってる。

K1IM1718_20161226022335edf.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



この猫、離れてもずっと寄って来てくれて、すごく可愛かったなぁ…



寝てる所を接写。
K1IM1782_20161226022332e25.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



一時期流行った、魚眼で動物接写して面白い写真を
って感じで撮りたかったけど、中々難しいですね。
というか、このレンズの接写性能では、なんだか無理くさい。



この日は死ぬほど沢山写真撮ったので、ぼちぼち選別してまた載せますね。


猫様から掲載許可は取っておりますので…



「よかろう」
K1IM1652_201612260223333ed.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]



それではまた。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag: PENTAX_K-1 SIGMA_15mm_F2.8_EX_DG_DIAGONAL_FISHEYE smc_PENTAX-FA☆85mm_F1.4_ED[IF]

COMMENT 2

にゃおぐらふぁー(今日の猫さんぽ)  2016, 12. 28 [Wed] 11:25

こんにちは。
15mmや16mmの魚眼レンズは画面の対角線の部分が180度写りこみますので
2枚目のカットの様に対角線上に直線がないと、ちょっとゆがみの大きな
超広角的な写り方をするのも面白い所ですね
一時期流行った魚眼カットは、恐らくマウントとレンズの間に薄い接写リングを
かまして寄れるようにしてとっていたんでしょうね、そのままでは25cm程度しか
寄れませんから・・
焦点距離の短いレンズは被写界深度も深いのですが、グッと寄って絞りを開ければ
以外とボケるのも面白い所ですね

Edit | Reply | 

もぐら  2016, 12. 28 [Wed] 18:48

コメントありがとうございます!
な、なるほど。あれは魚眼でそのまま撮ったわけじゃないんですね…!
すごく勉強になります。なるほどなるほど…!
なんだか接写リングも欲しくなっちゃいました…笑

元々洞窟とか風景撮影用の超超広角が欲しくて、でもペンタックスのフルサイズは小型軽量で丁度いいのが無かったので、軽くて小さくて明るいこの魚眼がもし広角の代わりに使えたらなぁ、なんて空想しながら実験半分で使ってました。
実際はそういう使い方は難しいのかもな、と思いつつ使ってみると、意外とそんな使い方もできそうですね。
早速年末に洞窟で使ってみよう!と目論んでおります笑

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?