未知洞窟探査 序章

 20, 2016 19:00
前ちょっとだけ記事にしましたが、
先日、とある場所へ未知洞窟の探査へ行ってきました。

まずは洞口の下見(序章)からご報告。

K1IM9833_201612231259366b1.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM


ガッツリとした探査の前に、地元の方々のご協力を得ながら洞口位置を確認していきました。



一つ目はこちら。
K1IM9834_20161218215248a7c.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM


かつて小学校のグラウンドだった場所の片隅にあるコンクリ構造物

この中に洞窟があるんだそうです。
パンドラの箱のようで色々な想像を掻き立てます。
どんななってんだろう…。



下見ついでにちょっと開いてみましょう。

数十年触られることなく草が生え放題になっていたので、
K1IM9846_20161218215249852.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


まずは草刈草刈。


地元の人が鎌でガシガシやって下さいました。

ありがたやありがたや…


そんで上に積もった腐葉土を払って、
K1IM9850_2016121821525194b.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



ちょっと開けてみると…



おぉ 奥にポンプらしき装置が。
K1IM9856_20161218215252f51.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


鍾乳洞が出来るような石灰岩大地には、人が入れるような大きなものから毛先のような小さなものまで
大小様々な穴が開いており、水が地下に浸透しまくるので
地上に川や池といった取水場所があまり有りません。


なので、洞窟を流れる地底河川は貴重な水源として、石灰岩大地に住む方々に昔から利用されていました。
ここもそんな場所だったんですね。ただ今はもう使われていません。

この工事をした時にある程度は洞窟を進んだはずですが、測量記録が無いので新洞窟となります。



さて、お次に向かったのは、とあるお家の庭にポッカリと開いた洞口。
K1IM9876_20161218215300d15.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


匍匐前進じゃないと進めなさそうだけど、

どうやら奥まで続いています。
K1IM9880_20161218215301392.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



さてさて、更にもう1つ下見へ。


大きな大地の亀裂と言った感じの洞口が川辺に開いていました。
K1IM9886_20161218215303ef0.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


今回はこれらの洞窟に入り、どうなっているか探査してみます。


洞窟装備に着替えて、
K1IM9903_20161218215304b7b.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


いざ行かん、未知空間へ!
K1IM9907_20161218215314e0c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


続きはまた今度。
まったりとお待ち下さい。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-DA★_55mmF1.4_SDM SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

COMMENT 2

荒野鷹虎  2016, 12. 20 [Tue] 22:14

はじめまして!

お若いのに大変貴重な探検を探索されているのですねー。☆
危険なこともあるでしょうから気をつけて頑張ってくださいねー。
二人、旧陸軍の基地を探索している人をリンクしていますが、このブログも、リンクさせていただきたく事後承認お願いいたします。まずはご挨拶として。宜しくお願いいたします。☆!

Edit | Reply | 

もぐら  2016, 12. 22 [Thu] 08:12

コメントありがとうございます!
小さい頃から穴やら石やら廃墟やら、色々探索するのが好きで、大人になった今もまだやめられません…笑
リンクありがとうございます。よろしくお願い致します。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?