土橋の穴

 30, 2016 20:00
どうもこんばんは。

はい。また洞窟です。

今日は岡山の阿哲台は土橋の穴をご紹介。

K1IM4134-1_201609270103063a2.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art

クライミング有り
ウォータースライダー?有り
滝行?有りのアスレチックスで楽しい鍾乳洞です。


写真枚数多いんで、続きはContinue Readingからどうぞ。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
.

今回は写真を時系列順にキッチリ並べてみます。最初の画像以外。


土橋の穴は長大だとか、匍匐前進がえぐいだとかは無いんだけど、
何故か知らないけど地下水流の床岩としては珍しくよく滑るのと、
K1IM4092_20160927010256984.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


ちょっと壁登りがあります。今流行のボルダリング的なテクニックが必要になるやつですね。


写真の登ってる人は今年の春からケイビング初めたばっかりなんですが、
運動神経が良いのかとても動きが良くてスイスイどこでも越えちゃいます。


ただ、たぬき穴での6回連続連続のエグイ匍匐前進がかなり応えたみたいで、
疲れちゃって珍しく壁登り苦戦してました。
洞内の強制匍匐前進は慣れないとすぐ疲れるし脚痛くなりますからね。

僕も探検部に入ってすぐの時はよく足が腐ったバナナみたいになってました。


さて、そういうわけでいつもと違って中々登れず
K1IM4099_20160927010249b13.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



みんなでサポートして



K1IM4102_20160927010251ae7.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


何とか登れました。
えがった。


ここ実は壁というか小さな滝なんだけど、増水時はそれはもうエグイ滝に変貌するらしくて、
楽しい楽しい滝登りになるそうですよ。


滝登りってなぁ  登ってる間ずっと顔面に水受けたりするからしんどいんだよな…



さて、この後もアスレチックは続きます。

クラック登りとか。
K1IM4131_20160927010253643.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


K1IM4133-4_20160927010254da8.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


狭い部分をニュルリと通過したり。

K1IM4144-1_20160927010307340.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



そんなこんなで最深部到着!  わーい写真だと一瞬で着いちゃう。

K1IM4159-1_2016092701030160c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


上の写真の最奥ホール、左端に滝があるのわかります?


こういうの見ると修行始める人がたまにいますからね。

僕らのパーティーにもそんな愉快な修行僧がいてくれましてね
K1IM4173-1_2016092823352601a.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


LET’S SHUGYO!!

手前の人はなんか、修行方法間違ってる気がするんですけど、どうなんですかね。
つか半身水没してるやん。寒そう。


折角なので修行の写真撮ろうとしたんですが、中々うまく撮れなくて、撮れるまでこの体勢で待ってもらいました。暫く。
そしたら不思議な事に手前の彼の顔がニコニコから段々辛そうな顔になって、最終的に上のような…

いい写真撮れました。



さて写真撮影修行を終えたら戻ります。
またクラックを登り降り。

これは降りてるところですね。
K1IM4206-1_201609270103038bb.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



結構高さがあるので慎重に。

K1IM4208-2_20160927010304249.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


ボルダリングが大得意な友人が言ってたんですが、クライミングは「ルートを事前に見る」のが一番大事なんだそうです。

とりあえずで登ってしまうと(もしくは降りてしまうと)修正不可な場所で立ち往生しちゃったりするので、まずは頭の中で
「ここにまず脚を置いて、そんで手をこう動かして…」
ってシミュレートしてから動くのが大事なんだそうな。 へえー

もしよかったら日常生活で岩を登り降りしなきゃいけなくなった時にお役立て下さい。


さてさてさて、最後の難所は、行きがけで登るのちょっと大変だった滝です。

帰りはウォータースライダーの後の2mの滝となるでしょう。
K1IM4216-1_201609270103206aa.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


冒頭でも言いましたけど、何故かこの洞窟は水流の床面の岩がえらい滑りますんで

ツルンッ 「アッー!!!?」 ドボン!!

とかって滑った挙句に滝から落ちるなんてならない様、いつもより慎重に慎重に。。。



K1IM4218-1_2016092701031648b.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



さっき修行してた人も降りていきます。

K1IM4223-8_201609270103171b9.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


しかし修行パワーで難なくクリア。さすが修行。

僕は一眼レフがどうにかならないか不安でしたが特段何事も無く無事でした。
先日ちょっと壊したからねぇ… 割とトラウマに…。




ここを越えれば後は特にもう難所は無く、油断して水流で滑ったりしないように気をつけて、


出洞!
K1IM4250-12_20160927010319e12.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


土橋の穴は洞窟の規模こそそんなに大きくないけど、要所要所で楽しめるいい洞窟ですね。

洞口も大きくて、水流があるから外の景色が反射して綺麗だし。


というわけで たぬき穴→土橋の穴 と2つの洞窟に入ってこの日の活動は終了。

翌日も2つの洞窟に入ったんですが、それはまた今度。

おしまい。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

COMMENT 2

senri32  2016, 10. 01 [Sat] 07:49

閉所恐怖症

そんな私が、楽しく見れる、写真載せていただいて、とても嬉しいです。想像力で勝負しています。

Edit | Reply | 

もぐら  2016, 10. 02 [Sun] 20:04

いつもコメントありがとうございます!
こちらこそいつも写真を見て頂きとても嬉しいです。
活動状況が容易に想像できるような、そんな写真が撮れるように精進いたします笑

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?