SIGMA Artレンズのフリンジ特性

 23, 2016 21:20
阿哲台洞窟のRAW現像が終わりません…
8年前のPCなので動作が遅いのもあってもう苦行みたいになってますね。しんじゃう…

そんでとりあえずで現像した、洞窟内に張られた蜘蛛の巣に付いた水滴の写真。


コレ友人達に見せたら「わーキレー」とか 「うわー 蓮コラみたーい」とか色々言ってくれましたが、よく見てください。
K1IM3805dev3_20160923210948c12.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art(撮影時F1.8)
たぬき穴にて



水滴の白い反射光周りにパープルフリンジが出てます。 ついでにグリーンのフリンジも。
(ちなみに上の写真はフリンジが分かり易いようにかなりコントラスト強調してあるので、実際はもっとフリンジ少ないです)

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Artで星景写真撮った時も思ったんですが、何故かたまにグリーンのフリンジが盛大にでます。
IMGP9299dev_20160923220201d5c.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM Art(撮影時F2.8)
沖永良部島にて




なんでやー!って折角撮った写真見て思ったものですが、調べてみてもどこにも何も書いてない。
それで最近SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Artで星撮った時同じ事が起きて気付きました。
K1IM3509dev_20160923221059f1e.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art(撮影時F3.5)
フォーレストパーク神野山にて野宿しながら



Artレンズは色収差よく抑えられてるけど、
ピントから微妙に手前だとパープルフリンジが、奥だとグリーンのフリンジが出るようです。

微妙に 本当に微妙にピントがズレるとこういうことが起きるみたいですね。

そんなのを検証するために撮るつもりじゃなかったんですが、
最初の水滴写真見たら、フリンジが出ない領域ってすごく狭いなと気付かされます。
白い反射光部分の周りに付いた色が、紫にも緑にもなってない領域ってごく一部ですよね。
これきっついなー。

まぁでも逆にこのフリンジ見ればピント合ってるかよくわかるわけなので、
今度から星撮る時はシビアにジャスピン狙えるように頑張ります…。

アストロトレーサー使ってると殆どフリンジ出ないんだけどなー なんでかなぁ…
IMGP1079fix trim2
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM Art
上北山村の山中にて



次回天体写真撮る時にまた実験してみます。

おしまい

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:星景写真 PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art SIGMA_18-35mm_F1.8_DC_HSM_Art PENTAX_K-3 PENTAX_K-5Ⅱ

COMMENT 0

WHAT'S NEW?