宇山洞

 12, 2016 00:03
最近全然洞窟記事書いてない。

洞窟行けてないからねぇ… 月末は山口ケイビング集会があるけど、写真撮れるかなぁ

そんなわけで今回は約1年前に行きつつ記事にしてなかった阿哲台は宇山洞の探検記をば。

IMGP2523_20160811232427d5f.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC



2015年7月末、日本有数のカルスト台地「阿哲台」へ。

阿哲台は鉱物探しで通り抜けたことはあったけど、洞窟に入るのは今回が初めて。

非常にワクワク。
前日に別の洞窟に入ったから宇山洞は阿哲台2つ目の洞窟になるんだけど、それついてはまた後日。


入洞前に一眼レフ用の防水ケースなんかを準備して、
IMGP2432_20160811232352d81.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC


宇山洞へ。
IMGP2440_20160811232354b44.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC

この洞窟、入り口がとんでもなくデカイ。
なんてデカさだ。

入り口より結構手前に人が居るから大きさ比較にはなってないけど、
秋吉洞と同じくらいか、もしかしたらそれよりデカイ…?



でかすぎて入り口に近付くと超広角レンズでも寝っ転がらないと全体を撮れない。
IMGP2450_20160811232355240.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC



僕はこの日30mm一本しか持ってきてなかったから、寝転がろうが撮れはしなかった。

こんな感じになります。
IMGP2453_20160811232349b8b.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC

最下部しか写ってねぇ…


さて入洞してみると 中の空間も広い広い。天井高い高い。
でかいホールって大抵崩落地帯になってるけど、ここも例に漏れず。

崩落岩の上にコウモリの赤ちゃんの亡骸が…
IMGP2477_20160811232351a95.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC

コウモリの赤ちゃん初めて見た。こんな形で…
落ちたのか落とされたのか。
不意に落ちてしまったのだとしたら、運も含めて生存競争なんだろうな…


この後は地下水流を遡上して行き、途中水上匍匐前進とかあったりで写真全然撮ってません。

というか水上匍匐しなきゃいけないし特に撮るものもないと聞いていたので
一眼レフとかは全部ホールに置いてってたしね笑 でも奥の方も楽しかったですよ。



さて、水匍匐から戻ったら写真撮影。
IMGP2515_2016081123243051a.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC


リムプールが素晴らしい水鏡になってくれて、いい感じに撮れました。


被写体の彼も一眼レフ持ってきてて、こんな感じで撮ってました。
IMGP2516_20160811232426f79.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC


床面全部水浸しだったからストロボの配置が難しかった。もうホント全機材が濡れましたよ。
こんなことしてるからストロボがしょっちゅう壊れるんですね。
ヤフオクの数百円ストロボばっかり使ってるからまぁいいけどさ。


そんな感じで出洞へ。
IMGP2539_2016081123242957a.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 30mm F1.4 EX DC


内側から見てもやっぱり洞口でっかい。

外にすぐ森があるので、緑色の光が射し込んで来て綺麗。シワガラの滝みたいですね。


そんなわけで、宇山洞探検記でした。

今回は久々にクソ重くてデカイ一眼レフから一時的に開放されて、
移動スピードが普段の3倍くらいになった気分(あくまで気分)でした。


やっぱたまにはねぇ 一眼レフ無しで行動するのも身軽でいいかもしれないと思ってしまいました。


一眼レスってとこすかね。 はは



おしまい。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-3 SIGMA_30mm_F1.4_EX_DC

COMMENT 4

senri32  2016, 08. 12 [Fri] 18:36

埋めてました

私は、特殊地下壕を埋めていました。

Edit | Reply | 

もぐら  2016, 08. 13 [Sat] 10:40

>sanri32さん
コメントありがとうございます。
特殊地下壕を埋めていた、と言うと特殊地下壕対策事業ですか?
小さい頃入ったりしてた気がしますが、崩落とか危ないですもんね。

Edit | Reply | 

Lime  2016, 08. 16 [Tue] 22:13

臨場感が半端ないっす・・・

もぐらのせっちん 様

こんばんわ・・・Limeです・・・
初コメントさせて頂きました。

ホームページの写真がどれをとっても素晴らしいですね! なのでめちゃくちゃ臨場感が出てます(@_@)
光の当て方といい、活動写真がナショナルジオグラフィックぽくって感動してます。

ケイビング楽しそうですね!
汚れたツナギがこれまたカッコいいと思いました。

私が調査で潜るのは、人工の坑道が多いですが、こちらはいつ崩れてもおかしくないような場所もあって、いつもヒヤヒヤしています。 でも面白い・・・

これからも更新を楽しみにしています。

Edit | Reply | 

もぐら  2016, 08. 17 [Wed] 22:35

>Limeさん
コメントどうもありがとうございます!
全然そんなに大したものではないですが、褒めて頂いて恐縮の限りです。
ありがたやありがたや…

ケイビング楽しいです!高校の時から洞窟入りたくて、大学入ってすぐ探検部入って そのままのめり込んで行ってしまいました。
もしご興味ありましたら是非ご一緒しましょう!笑

人工の坑道は自然洞とは全く違った楽しさがありますよね。
どちらも大好きですが、同じ穴なのに入っている時の気持ちがかなり違うのが不思議です。
仰るように、坑道は崩れそうなのが少し怖いですが…笑

関西に来てまだ1年で、関西周辺の洞窟も、鉱物もその他もコレからどんどん楽しんで行きたいと思っているので、これからもLimeさんのブログを参考にさせて頂ければ幸いです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?