光る石 食えない石

 28, 2016 00:00
城崎温泉行く前に立ち寄った玄武洞、
の前にある玄武洞ミュージアムにて。

K1IM8992_2016072423054333f.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited

城崎から車で5~10分程の玄武洞の前にある玄武洞ミュージアム。

玄武洞の歴史とかだけ展示してあるのかと思いきや、
K1IM9113_20160724231253723.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited

鉱物大好きな僕にとってごほうびみたいな展示があるじゃないですか。


即決で入りました。

うまく撮れなかったけど、展示は全体的に素晴らしく、美しい鉱石、面白い鉱石が所狭しと並んでいました。
その中でも光る石の展示が綺麗でした。
K1IM8993_20160724230552992.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited


原子力だけでなくウランガラスなどにも使われているウラン。化合物が短波紫外線で美しく光るんです。
K1IM8987_20160724230546f5c.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited

実物見たの初めてかもしれません。

ちなみに放射線は微量で人体に影響ないレベルです。

その他にも様々な光る石が。
K1IM8982_201607242305447b6.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited


同じ波長の紫外線を照射しても光る色がそれぞれ全く異なるのは面白いですね。

館長さんが
「この違いを利用してテレビが作られたんだよー」

と子どもに説明しておられました。子ども達全然聞いてなかったけど…笑
ちなみにここに展示してある鉱石は館長さんが自分で全部買い集めたのだとか…。すげぇ

そんな綺麗な石たちの中でちょっと変わったものが
K1IM9029_201607242305554bd.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited


ん…?豚肉…?
K1IM9030_20160724232024467.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited



いやいや豚肉石とか初めて知ったよ。
そんな石あるのかよ…笑

たまたま豚肉に似た石があったから展示したんじゃなくて、
その地域で採れる石が総じて豚肉っぽいからこんな石の名前ができたんでしょうね。

いやでもコレ本当に
K1IM9031_201607242305565bf.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited

見事に豚肉だわ…

さりげなく左上に散りばめられてるお野菜も右上のニンジンも石だしなぁ。
真ん中はポテトかな。コレは似てない。


宝石的な鉱物だけじゃなくて化石のコーナーもあって、
K1IM9008_20160724230553cfd.jpg
PENTAX K-1 / HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited

おぉこれはまさに海老せんべい

によく似たエビの化石です。

うまそうだよなぁ。


そんな玄武洞ミュージアム、もちろん玄武洞を説明したビデオとかもあって、とても詳しい説明が物凄く面白いので、
地質地学が好きな人は是非一度。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 HD_PENTAX-DA_35mm_F2.8_Macro_Limited

COMMENT 0

WHAT'S NEW?