溶岩洞

 29, 2016 00:00
溶岩洞というのをご存知だろうか。

洞窟は洞窟でも、よくある鍾乳洞や海食洞とは違う、灼熱の溶岩が作った洞窟です。
IMGP8389_20160628220429988.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


鍾乳洞は雨水が巨大な石灰岩塊を長い年月をかけて溶かしてできた洞窟。
海食洞は海の波が玄武岩などを長い年月をかけて削ってできた洞窟。


一方で溶岩洞は、火山から噴出したドロドロの溶岩が流れてる途中で、外側だけ冷えて固まってできた洞窟です。
鍾乳洞や海食洞に比べると出来上がるのは一瞬ですね。崩壊も比較的早いですが…

つまり溶岩洞内は、かつて灼熱の溶岩が大量に流れていたわけです。



そんなわけで溶岩洞の壁には、一度冷え固まった溶岩が、
再び流れてきた高熱の溶岩に熱せられてドロリとなった跡なんかも見られます。
IMGP7937_201606282204256f8.jpg
PENTAX K-3 / HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited

上の写真のドロリ壁面は、灼熱の溶岩にちょっと離れたところからジリジリ熱せられてできたようです。形的に。

離れてても岩石を溶かす熱さ…
ここはまさにかつての地獄ですな。




溶岩洞は壁面の色が鍾乳洞とは全く異なります。

IMGP3900_20160628220431f57.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


全体的に黒く、

所によっては美しいガンメタリックで、ライトで照らすとラメのようにキラキラ光ります。
IMGP8041fix_2016062822042800f.jpg
PENTAX K-3 / HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited

上の写真なんかは、高熱溶岩にあぶられて垂れてできた生成物なんでしょう。多分。おそらく。きっと。


溶岩洞にも鍾乳洞と同様にストロー(のようなもの)があります。
IMGP8018fix_20160628220426313.jpg
PENTAX K-3 / HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited


鍾乳洞のストローは滴る飽和石灰水が外側から固まって中空になったって想像できるんだけど、
溶岩洞のストローはどうやってできたんですかね。

同じ様に上から垂れてきた熱々の溶岩が外側から固まってできたんでしょうか。

だとしたら二枚上の写真とは成因が全然違うってことに…


ううむ。
溶岩洞はあんまり入ったことも話を聴いたことも無いのでわからないことだらけです。

また入って色々詳しいお話を聞きたい。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-5Ⅱ SIGMA_8-16mm_F4.5-5.6_DC_HSM HD_PENTAX-DA_35mm_F2.8_Macro_Limited PENTAX_K-3

COMMENT 2

八咫烏  2016, 06. 29 [Wed] 08:57

こんにちは^^
溶岩洞ですか。
鍾乳洞はよく聞きますが、これは初耳でした。
しかし形成の仕方がすさまじいですね。溶岩の通り道とは。

私は暗いよ、狭いよ、怖いよ、の人なので、こういった場所には入れませんが、
写真を見て、そのスケールと、どうしてこんなものができたのか、考えるのが
とても楽しいですね。

自然界には不思議がいっぱいです^^

Edit | Reply | 

もぐら  2016, 06. 30 [Thu] 00:16

>八咫烏さん
こんにちは!いつもコメントありがとうございます笑
実は富岳風穴や鳴沢氷穴なんかも溶岩洞なんですよ。
溶岩洞ってそんなに多くはないんですが、富士山付近には結構あります。富士山からは過去なんどもマグマが噴出しているので…笑

そのように言っていただけると大変嬉しいです。
そういう別世界の空気感を少しでも見る人に感じて頂ければ、すごく本望です。笑

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?