熊野キノコ道

 16, 2016 00:56
去年の秋、バイクで一人、片道5時間くらい掛けて熊野古道、

の外れに蛍石を探しに行った。


結果はすがすがしい程に坊主。

一人で薄暗くじめじめした森の中をさまよい歩きながら蛍石を探しつつ、
かわいいキノコがあったら撮ってた。

最終的に鉱物ゼロでキノコ写真大量。
まぁ…良いか…

IMGP1094_2016021600184111e.jpg
PENTAX K-3 / D FA Macro 100mm F2.8 WR


これはベニヒガサかなぁ

小さくて透き通った感じのかわいいキノコでした。




お次はコチラ。
IMGP1114_20160216001852e99.jpg
PENTAX K-3 / D FA Macro 100mm F2.8 WR

大きさ比較のため一円載せてみた。

コガネホウキタケかね?
毒キノコだけど食べる人もいるらしい。

テングタケも毒キノコだけど美味しいらしいし、キノコってそういうの多い。



お次は妖精みたいなキノコ。
IMGP1085_2016021600200696f.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM Art

スギエダタケの幼菌?

かわいいなぁ



最後はこちら。
IMGP1110_201602160020058c5.jpg
PENTAX K-3 / D FA Macro 100mm F2.8 WR


でけぇ

エノキタケの老菌かねぇ?
よくわからないが表面がぬるぬるしている。


あ、ちなみに野生のエノキタケって市販の白いやつとは似ても似つかないんですよ。
スーパーでよく売ってる栽培品は暗所で育ててモヤシみたいになってしまったかわいそうなエノキタケ。

これ豆な。

おしまい。
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-3 smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR SIGMA_18-35mm_F1.8_DC_HSM_Art

COMMENT 0

WHAT'S NEW?