煙樹海岸の星空

 23, 2015 01:00
煙樹海岸という、読み方がよくわからない海岸で釣りしながら星撮ってきた。

IMGP3867_201508161513217b9.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM Art / O-GPS1

.
.
.
13日夜の仕事終わり
(ペルセウス流星群のピークから一日経ったけど、まだ十分余韻あるはずだし星見に行きたいなぁ
友達とバイクタンデムで星見に行くかー)

外出ると
「雨降ってんじゃねぇか!!」

-一緒に飯食って終わり-

14日夕方
(ペルセウス流星群のピークから二日経ったけど、まだ割と余韻あるはずだし星見に行きたいなぁ
ラインで声掛けるか~)

友人H「行きましょう!沖永良部島行く前に星撮る練習したいっす!」
友人M「実家なう」
友人N「えー 星あんま興味ねぇよ。釣り有りなら行こうかなぁ でも翌日あるから遠出はパス」


うーん、海岸である程度近くて星がきれいなとこってなんかあるかなぁ…

悩んだらグーグルマップ眺めてみて面白い地形のところに行くと大体楽しいもんだ。

グーグルマップで紀伊半島見てたらなんか出っ張ってるところがあったんで拡大してみたら
「煙樹海岸」
っていう、読み方ようわからんかっこいい地名があった。
『よしここにしよう』

行き先が決まった瞬間である。

IMGP3867_201508161513217b9.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM Art / O-GPS1

行ってみると天の川がちゃんと見える程に星がきれいでした。

俺の読み通りぃぃ!


地元の若い衆がパンパン花火あげてキャッキャやってたけど我々は全く気にせず黙々と写真を撮
あ、でも花火背景に写真撮るといい感じに撮れた。
IMGP3903fix_201508161513237f3.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM Art


地元のヤンキーありがとう。



北の空。
IMGP3916_2015081615132426c.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM Art

多分大阪の街明かりが明るくて星は少なめだったけど、
比較明合成したら何とか撮れた。
4秒露光(5秒間隔)×160枚のコンポジット。



西の空も。
IMGP3935_20150816151326307.jpg
PENTAX K-3 / Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM Art

こっちも4秒露光(5秒間隔)×160枚のコンポジットなんだけど、
北とは全然違って面白い。

ちなみに左下の線は撮影中に通り過ぎた船の明かり。


実際に肉眼で見た空はこんな感じ。
IMGP7361_201508161513207bd.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

写ってるカメラは友人Hのもの。
ここに来る前に急遽GPS UNIT O-GPS1をヨドバシカメラで買って駆けつけてきた猛者。
初星景写真撮影だったみたいで、少しは沖永良部合宿のお役に立てたら幸いですな。


「魚全然釣れねー」

と空を見ながら寝入ってしまった友人N
IMGP7376_201508161552324dd.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


贅沢な夢が見れそう。
スポンサーサイト

Tag:星景写真 PENTAX_K-3 SIGMA_18-35mm_F1.8_DC_HSM_Art Astrotracer

COMMENT 0

WHAT'S NEW?