久々の鉱物探し 大分編2

 12, 2011 22:48
先日9日に行った鉱物探しの大分編2 ~晶洞坑~。


P1470988.jpg


やっとこさ鉱物採集最終章。

大分は尾平鉱山で日が暮れかけてたところからスタート!

日も暮れかけてたんであとちょっとだけなんかして帰ろうってことになった。

山深い坑道とか行った帰りに日が暮れて暗い中下山してたら崖から落ちた とかなったら大変だし、あんまり色々はしない予定だった。


というわけでかねてから場所がわからず悔しい思いをしてた晶洞坑って坑道をとりあえず見つけて帰ろうってことになった。
ちなみに 晶洞 ってのは岩石に生じた空洞のことで、字の通り空洞の内部に鉱物の結晶がびっしりなってることがある。
晶洞の例
晶洞



たまーにお土産とかで見かけるこういうアメジストは要するに晶洞の周りの岩だけを切りだして売ってるわけ。
晶洞2



そういうわけで石探す人は頑張って晶洞を探そうとする。

だから晶洞坑とかって名前の坑道とか、どんだけどうなってんだよ!って胸が高鳴るよね。


家で予め古い文献と地形図を照らし合わせて高度、方位、道のカーブなんかから晶洞坑の場所を推測しておき、現地の地形や道、高度から晶洞坑に一番近いと思われる場所に車を停めて山の中に入って行った。


別に登山道があるわけじゃないので道なき道を頑張って進む。でも上に晶洞坑があるかもしれないと思うと楽しくてしょうがない。


途中でかわいいキノコがあった。俺キノコ大好きなんだよね…!
DSC02220.jpg


うーん
DSC02219.jpg



かわいいし面白い。
DSC02221.jpg



そんなしながらガザゴソ山の中を歩いてまわってたら岩の向こうからじゃんじゃん水が出て来てたから ハテ? と思って行ってみたら

坑道アッタ━━(゚∀゚)━━!!


時間がおしてたので写真は撮らなかったが、なかなか立派な坑道。でも入口は一度石で塞がれた形跡が…


多分これが晶洞坑。
当初は時間的に入る気はなかったが、穴が目の前にあったから… 10分だけと時間を決めて入ってみた。
入口から前方と左に道が分かれてたからまずは前方へ。

下には足首位の水位で水が流れてるので石の上を飛び飛び、濡れないように前進。

ある程度進んでもなんか鉱物の気配がしなかったので撤退。


5分もかからないで終わったので残り5分あるしってことで左の方に進んでみた、ら
DSC02226.jpg

なーんか前方の穴と違って左の方はなんとなーく鉱物の気配がして…


いくらか進んでみたら足元がキラキラしてたんで屈んでみてみると、






!?
黄鉄鉱12


自然にできたとは思えないような立方体の物体が!!


思わず拾い上げた後周りを見渡してみると
DSC02308.jpg

DSC02322.jpg

DSC02348.jpg

DSC02367.jpg

黄鉄鉱22


そこにもあそこにも、色んな所にこういうきれいな黄鉄鉱(正確には多分武石とか枡石というやつ)
が落ちていた。

ちなみに黄鉄鉱の写真は全部家に帰って机の上で撮ったもの。



磁鉄鉱と黄銅鉱は採ったことがあったが、黄鉄鉱は初めてだった上、ビックリするほど整った形をしていたので、興奮して鼻息フンフン採集していた。

ずっとニヤニヤしてたと思う。本気ですげぇ楽しかった。心拍数が上がってた。


関係ないが坑道内にカエルがいた。結構でかい。
DSC02227.jpg




黄鉄鉱のある場所より先でガーネットの鉱脈なんかも見つけたが、暗くなってしまうと車道まで戻る道中がかなり危うくなるので、最奥までは行かず後ろ髪を引かれながら坑道を脱出。




下山途中もかわいいキノコを見つけた。
DSC02241.jpg



こいつは確かヒイロチャワンタケってキノコ。

カロチンをたくさん含むんじゃなかったっけ?色と言いニンジンみたいだよな。



車道まで戻って安心したら、カメラを置いて動画モードで今日一日あったことを喋って、車に乗り込んだ。

もうすっかり日が暮れてた。
P1470993.jpg



これで今回の鉱物採集は終わり。

こんなに色々成果が出るとは思ってなかった。

ものすげぇえぇ楽しかった。

晶洞坑の奥は絶対また機会見つけて行ってやる。

DSC02100.jpg
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?