久々の鉱物探し 大分編1

 12, 2011 02:14
先日9日に行った鉱物探しの大分編1 ~スリバチクボ~。

DSC02072.jpg

大分編は穴と石がたくさんと犬が少し出てくるよ\(^o^)/

つか長いよ…(||゚益゚)ヒィィィ!
標高977.7mの峠には大分と宮崎の県境をぶち抜くトンネルがある。

鉱山のトンネルらしい荒々しいトンネル。
DSC01972.jpg
荒々しいけど車が余裕で離合できるくらい広い

九州でも最強レベルの山深いところにあるトンネルだから、冬は入口に氷の壁ができて通れなくなるらしい。
その光景は一度見てみたいね。叩き割って中に入ってみたい…



んで目的地その2のスリバチクボに到着。


この辺一帯は鉱物が色々転がってて、そこにポンと10メートルくらいの縦穴がある。
DSC02021.jpg


地表の鉱物は石が好きな人たちにかなり採りつくされててあんまりいいのがないけど、この穴の底ならいいのが残ってそうだよな って前来た時思ってたんだけど

さすがに10mはなぁ… 死ぬしなぁ…


でもちょっと離れたところにこの穴の底につながりそうな高さ50センチくらいの穴があったから入ってみると



DSC02038.jpg


イケタ━━(゚∀゚)━━!!

上の写真は下から地上を眺めたところ。
穴の上から父が覗いてるから穴の大きさの比較になるかな?


横からみたらこんなん。
DSC02054.jpg


写真じゃ大きさが良くわからないけど、光に照らされた石山の高さは4mくらいある。




穴の底にはガーネットがたくさんあった。(よかったらクリックで拡大してみて!)
DSC02102.jpg


茶色っぽいオレンジのつぶつぶが全部ガーネット。

きれいだね。

DSC02104.jpg


俺が行ってみて安全が確認されたので父も同じようにやってきた。
DSC02061.jpg



写真左に落ちないよう慎重にトラバース。
DSC02062.jpg




さらに犬まで穴をくぐってやってきた。俺らはライト持ってるけどこいつはライトも無しによく来たもんだ。えらい!
DSC02065.jpg




穴の底には地上の樹木がたくさん落ちてて、キノコがわんさか成ってた。でもこいつら確かニガクリタケとかいう猛毒キノコ。
DSC02076.jpg



こっちは多分テングタケっていう毒キノコ。でもうまいらしいよこれ。毒なうまみ成分のイボテン酸含んでるんだっけ…
DSC02084.jpg



上にあいた穴から外のいろんな音がしてたから、ポロはちょくちょく地上に一番近い石山の上に行ってた。
DSC02098.jpg

DSC02072.jpg


たまにこっちのことも気にしてた。
DSC02088.jpg

DSC02093.jpg


基本マイペースなポロ。



そしてこの穴、ここからさらに下に縦穴があいてた。
DSC02114.jpg


さすがにこれは無理だわ…

って思ってたらまたなんか行けそうなルート見つけたんで

DSC02117.jpg

行ってみた。穴好きの俺だけ。ポロもここまでは来てくれなかった…。


ここはさっきのところを地下1階とすると地下2階ってとこ。地上から15mくらい。
5階建てのマンションの高さ(深さ)になるのかな?


さっき覗いてた穴を下から見上げると
DSC02119.jpg




地下1階と小さく地上の光が見えた。
DSC02123.jpg




地下2階にもまた縦穴がポコポコあいてたから

DSC02127.jpg


落ちないように慎重に進んだ。


DSC02118.jpg



ここにはトロッコのレールの枕木か支保坑に使われてたっぽい木があって、キノコが生えてた。






と思って近づいて触ってみたらコレ、キノコじゃなくて、






変形した釘だった。
DSC02140.jpg



見た目完全にキノコなのに、超固いし、色々みても完全に錆びた釘だった。

洞内には色んな変な溶液が垂れてるだろうし、閉山してこの坑道が放棄されたのもかなり前だから、長い年月で釘がこんなになってしまったんだろう。
不思議なこともあるもんだ。


釘ってなんかわかる写真。
DSC02141.jpg

ね?釘でしょ?



さらにこっから進んで行ったら行き止まりに当たって、あぁもうこれで終わりかと思ったら更に下に降りることができるルートを見つけたんでさらに降りた。地下3階。

ちょっと迷路みたいになってる地下3階にもまた縦穴がポコポコあいてたんで落ちないよう慎重に。



水がピチャピチャ音をたてて落ちてた。



地下3階では茶色い地面や壁が所々白くなっていた。
P1470965.jpg



近くで見ると




何やら鍾乳洞で言うところの石灰石二次生成物とそっくり。






でも鍾乳洞のはこんな派手派手な感じじゃない…




DSC02172.jpg

DSC02189.jpg



こんなのが所々にあった。




まるで 象のケツの穴か?! ってな感じのも。
DSC02180.jpg

DSC02181.jpg


石灰石由来じゃない二次生成物なんだろうと思うけど、成分とかは全然わかんね。何が染み出してきてんだろ・・


こっから更に下に降りれそうな場所を見つけた、が、
DSC02182.jpg


高さが2mくらいはあったから登り返しが若干大変そうなのと、普通のズボンとシャツにヘルメットだった上時間もおしてたんで行かないでおいた。

何があるのか気にはなったけど、それはまた今度来る機会があったら確かめてみよう…!



奥へ進むと広い空間に出た。

坑道のこういう広い空間では岩盤をわざと掘り残して柱の代わりにする。
DSC02185.jpg


この広い空間にも縦穴があって、斜めに下が見えないほど落ちていた。

九大の屋上から照らしても地面を余裕で照らせるヘッドライトなんだけどねぇ…
DSC02190.jpg



ここにはガーネットの脈があって、
DSC02194.jpg



たくさんガーネットを採集できた。(´^∀^`)ホクホク


そんな採集したガーネットの一部をご紹介…
ガーネット1

ガーネット2

ガーネット3

大粒ガーネット1

大粒ガーネット2

さすが宝石って感じだよね。

最後の2枚の写真は比較的大粒のガーネットで赤くてきれい。

ちなみに全然加工とかはしてなくて、自然にこんな形に結晶してる。





時間もアレなのでこの広い空間で引き返した。
迷路状になってるので帰り道をちょっと間違えそうになった。
P1470968.jpg


危ない危ない。



地下2階と1階の間に緑色の変なのがついた木を見つけた。これもキノコなんだろか?




外に出ると日が暮れ始めてた。
P1470972.jpg


さて、かなーり長くなりすぎた感があるので続きはまた後日…

大分編2 ~晶洞坑~ に続く…
スポンサーサイト

COMMENT 2

nishinva  2011, 10. 12 [Wed] 02:34

ペット含めアグレッシブな一家だなw

Edit | Reply | 

きむら  2011, 10. 12 [Wed] 03:08

おぉすげぇw 書いてすぐコメントくれるなんてやるなww

なんかもう俺こういうことしてる時が本気で楽しすぎるんだよ(ノ´∀`*)

ポロも運動大好きだしなー 父親は穴は怖いからって嫌いみたいだけど。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?