大塔鉱山蛍石の蛍光について

 11, 2017 15:00
先日やっとこさ見付けることが出来た大塔鉱山の紫色蛍石だが、

太陽光で蛍光して紫色になっていたのか、それとも元々紫色なのか


そんな事を思って室内灯で蛍石を見てみると、
K1IM8019-16_20170305234229ead.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



なんと、紫だった蛍石は1つ残らず無色透明になっていた。
ビックリした。


現地で見たときは、こんな感じだったのに。
K1IM8025-18_2017030523421774c.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


現地では写真撮って無いので、上の写真は室内灯+UVライトで再現。


しかし噂は本当だった。


大塔鉱山蛍石は太陽光の弱いUV(可視光量比)ですら蛍光する、とてつもなく蛍光が強い蛍石だったのだ。

これがわかった時、感動してしまった。

あの美しい紫色は、本当に無色透明蛍石の深部から湧き出す蛍光だったんだなぁと しみじみ思った。


ここで、「太陽光ですら蛍光してしまう蛍石なら、他の蛍石でも普通に蛍光するUVライト下ではどうなるのか…?」

試してみた。
K1IM8030-21_201703052342182ea.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


結果はとんでもない蛍光。
明らかにこれまでの蛍石とは一線を画す。

蛍光が強すぎてカメラの感光レベルを超えてしまう位です。



もう日暮れ前で紫外線には期待できないと思いつつも、
弱々しい太陽光でも蛍光するか、窓際に持ってきてみた。
K1IM7899-3_201703052342205d4.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



結果はご覧の通り、シッカリ蛍光する。

もちろん元々無色の蛍石です。



この無色蛍石のカケラも、
K1IM7961-1_20170305234222dc7.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



太陽光下では色が変わる。
K1IM7920-7_2017030523422149e.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


夜明け前の紫外線が豊富な条件下で見たりしたら、また綺麗なんだろうなぁ。



こいつにもUVライトを当ててみる。
K1IM7980-11_20170305234224e83.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



綺麗だなぁ…(恍惚)

というかコレ、紫外線チェッカーとして使えるんじゃないのか…笑



ところで、この産地の蛍石はなんだか結晶形がモコモコとしているんだが、
このモコモコは拡大したらどんな風になっているのだろう。
この記事の1枚目の写真を拡大してみる。
K1IM8021-1_20170305234230559.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR




もっと拡大。
K1IM8021-2_201703052342328a3.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR




どうやらモコモコはよくよく見ると、四角い結晶が階段状に集合して出来ているようですね。
何故そうなったかは分かりませんが、蛍石結晶は正八面体だったり立方体だったりするので、
それが集まってモコモコになったのであれば、1つちょっとスッキリしました。


そういや福岡にある球状黄鉄鉱も、拡大して見てみると立方体黄鉄鉱の集まりだったな…

何故そうなるかは、わかりませんが!

誰か知ってたら教えてください…笑


おしまい。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR

第4回 熊野弾丸鉱物探索 下山編

 07, 2017 19:00
前回までのおさらい~
目的地付近に到着したは良いが、目的の蛍石露頭は見つけられず途方に暮れる一行。

果たして目的は遂げる事ができるのか…?!
それとも今回もまた「ねんばんがん」しか見ることなく終わるのか…

K1IM6696_20170305174727719.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


続きはContinue Readingからどうぞ。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-DA★_55mmF1.4_SDM smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

第4回 熊野弾丸鉱物探索 既視感編

 05, 2017 17:00
前回に引き続き熊野弾丸鉱物探索になります。

車内泊して朝起きたところからですね。

K1IM6500_20170303235641d4c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art

今回はいよいよアタックを開始します。続きはContinue Readingからどうぞ。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art smc_PENTAX-DA★_55mmF1.4_SDM

【鉱物】ご無沙汰しております

 27, 2017 19:00
最近「鉱物」ジャンルの記事全然書いてないけど、

それは決して足が遠くなったとか言うわけではなく、
鉱物って基本的に冒険記になるから書くのに気合が必要なんです(時間が掛かる)。

そんで結果的に書き易いのばっかり書いて鉱物記事はご無沙汰というわけです。

てことでちょっと前に見つけた、太陽光で蛍光する蛍石。室内灯下では無色透明になります。
K1IM7917-1_20170226000604cbe.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


実は月1回くらいは鉱物活動してるんですけどね。
洞窟と同じか多いくらいの頻度でやってますよ。

ただ成果が無い事が多いってのと、
やっぱ、記事にするのが、、大変だよね…笑

でも近々書きます。多分。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR

ナチュラルイルミネーション

 24, 2016 19:00
今日はクリスマスイブですね。

ここ2回洞窟の記事が続いて、
実は今回もはまた洞窟なのですが、

今日は光り輝く洞窟にしましょう。

ラピュタの世界に行ってきました。
K1IM0702_201612231202337b8.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


一面の星空のような光景。

ラピュタの石(蛍石)が光っているところです。


K1IM0700_20161223120237510.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



地面にも石の欠片が。


K1IM0705_20161223120235e6d.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



大きな塊が光っても空は飛べませんが


K1IM0715_20161223120236a0c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


この石を見ながらあの素敵な物語を考えたのかな
とか考えると

やっぱり綺麗な鉱物を探しに行くのは楽しいですね。


ほんのりとクリスマスイルミネーションをお届けできたでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?