謎鉱石

 21, 2017 02:51
先日、大雨が降る中とある鉱山跡に赴いた。

そこでこんな鉱物を見つけた。
K1IM7337_20171121023616e37.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM



なんだこれ…?

ブルー~グリーンで透明な鉱石。

写真じゃ全然分からないが、実際のモノは針状結晶が沢山集まっているように見える。
かなり透明度の高い結晶もある。


こんな感じで脈状に入っていた。
K1IM7393_20171121023618221.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM



これは一体何なんだろうか…

まだちゃんと調べてないけど、水に溶けるような…?


付近に温泉街とこんな感じの二次鉱物があったから、
K1IM7330-1_201711210247104f0.jpg



ミョウバンに硫酸銅が混じった結晶…?

ちなみに、ここでワチャワチャやってる時に滴下水が落ちてきて口に入ってしまったのだが、
その味がもう、何というか渋みとか臭みとかが凄かった。
口の中に広がる臭いは、大分の筌ノ口温泉で温泉を飲んだ時のものを何倍にもした感じだった。
※筌ノ口温泉は黄土色の湯が特徴の素晴らしい名湯で、湧き出し口に置いてあるコップで温泉水を飲む事ができる。



謎鉱石。


今度またこの鉱石について改めて載せますね。


スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-DA★_55mmF1.4_SDM

小川の宝石

 01, 2017 00:00
とある小川にて。

K1IM6650_20171030004220270.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]




この小川には、綺麗な水晶やトパーズがほんの少しだけ落ちています。


なので、フルイを手に川の砂を採って、
K1IM6644_20171030004224937.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]



髪を振り乱しながらフルフルしてやると、


K1IM6641_20171030004223c44.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]



先日載せたような宝石達が極稀に顔を出してくれます。
見つけた時はとても嬉しい。



普通は日中にやるんだけどね。

熱中すると日が暮れてもやっちゃうよね。

今回の写真はそんな状況。

僕「そろそろ帰ろうか~?」
写真の後輩「ま、、まだもう少しだけ…!」
K1IM6655_20171030004222c0f.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]



「しょうがねぇなぁ」とか言いながら、
段々と暗くなっていく森の小川で撮影しながら待つのも、
中々悪く無い。



さてさて、
週末の三連休ですが、今度は乗鞍岳と白川郷へ行くので3日間だけブログや返信停滞してしまいます…。
日曜に復活予定です。


この時期に3000m越えの山はヤバいだろうけど、新しい登山靴買ったしどっか山登りたい
という事で、今の時期でも大丈夫そうな乗鞍岳にした次第です。ハイ。
白川郷は今紅葉綺麗そうなので選んだ次第です。ハイ。

それでは、また数日後お会いしましょう!


Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-FA☆85mm_F1.4_ED[IF]

居酒屋鉱物撮影

 29, 2017 22:41
こんにちは。

海外から帰ってきました&鉱物探しに行ってきました。

そこで後輩の子が見つけたファントム水晶。
IMGP2023-1_20171029225137343.jpg
PENTAX K-50 / TAMRON SP AF 90mm F2.8 MACRO[1:1](Model72E)


水晶の中の山がよく分かりますね。
地中で何らかの環境変動が起きた証なんでしょうね。


大阪帰ってきて、居酒屋でワイワイ飲みながらスマホの上に水晶置いて
後輩達のカメラとレンズでパシャり。
周りのお客さんからしたら「何やってんだコイツら?」だろうからちょっと恥ずかしかった。


細長いやつも。
IMGPdng0011-1_201710292225204f0.jpg
PENTAX K-S2 / TAMRON SP AF 90mm F2.8 MACRO[1:1](Model72E)


ちょっと分かりにくいけど、こっちもファントムってますなぁ。


お次はトパーズ。
IMGPdng0008-6_201710292225217e6.jpg
PENTAX K-S2 / TAMRON SP AF 90mm F2.8 MACRO[1:1](Model72E)


水晶との見分けって中々難しいけど、屈折率が水晶より高いからキラキラして見える。
水晶(屈折率約1.55)とトパーズ(屈折率約1.62)でも差を感じるから、ダイヤモンド(屈折率約2.42)はさぞや綺麗なんだろうな。

目に見えるダイヤモンドは、日本じゃ見つからないけどね…笑

Tag:PENTAX_K-50 PENTAX_K-S2 TAMRON_SP_AF_90mm_F/2.8_MACRO[1:1](Model72E)

大塔鉱山蛍石の蛍光について

 11, 2017 15:00
先日やっとこさ見付けることが出来た大塔鉱山の紫色蛍石だが、

太陽光で蛍光して紫色になっていたのか、それとも元々紫色なのか


そんな事を思って室内灯で蛍石を見てみると、
K1IM8019-16_20170305234229ead.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



なんと、紫だった蛍石は1つ残らず無色透明になっていた。
ビックリした。


現地で見たときは、こんな感じだったのに。
K1IM8025-18_2017030523421774c.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


現地では写真撮って無いので、上の写真は室内灯+UVライトで再現。


しかし噂は本当だった。


大塔鉱山蛍石は太陽光の弱いUV(可視光量比)ですら蛍光する、とてつもなく蛍光が強い蛍石だったのだ。

これがわかった時、感動してしまった。

あの美しい紫色は、本当に無色透明蛍石の深部から湧き出す蛍光だったんだなぁと しみじみ思った。


ここで、「太陽光ですら蛍光してしまう蛍石なら、他の蛍石でも普通に蛍光するUVライト下ではどうなるのか…?」

試してみた。
K1IM8030-21_201703052342182ea.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


結果はとんでもない蛍光。
明らかにこれまでの蛍石とは一線を画す。

蛍光が強すぎてカメラの感光レベルを超えてしまう位です。



もう日暮れ前で紫外線には期待できないと思いつつも、
弱々しい太陽光でも蛍光するか、窓際に持ってきてみた。
K1IM7899-3_201703052342205d4.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



結果はご覧の通り、シッカリ蛍光する。

もちろん元々無色の蛍石です。



この無色蛍石のカケラも、
K1IM7961-1_20170305234222dc7.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



太陽光下では色が変わる。
K1IM7920-7_2017030523422149e.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


夜明け前の紫外線が豊富な条件下で見たりしたら、また綺麗なんだろうなぁ。



こいつにもUVライトを当ててみる。
K1IM7980-11_20170305234224e83.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



綺麗だなぁ…(恍惚)

というかコレ、紫外線チェッカーとして使えるんじゃないのか…笑



ところで、この産地の蛍石はなんだか結晶形がモコモコとしているんだが、
このモコモコは拡大したらどんな風になっているのだろう。
この記事の1枚目の写真を拡大してみる。
K1IM8021-1_20170305234230559.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR




もっと拡大。
K1IM8021-2_201703052342328a3.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR




どうやらモコモコはよくよく見ると、四角い結晶が階段状に集合して出来ているようですね。
何故そうなったかは分かりませんが、蛍石結晶は正八面体だったり立方体だったりするので、
それが集まってモコモコになったのであれば、1つちょっとスッキリしました。


そういや福岡にある球状黄鉄鉱も、拡大して見てみると立方体黄鉄鉱の集まりだったな…

何故そうなるかは、わかりませんが!

誰か知ってたら教えてください…笑


おしまい。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR

第4回 熊野弾丸鉱物探索 下山編

 07, 2017 19:00
前回までのおさらい~
目的地付近に到着したは良いが、目的の蛍石露頭は見つけられず途方に暮れる一行。

果たして目的は遂げる事ができるのか…?!
それとも今回もまた「ねんばんがん」しか見ることなく終わるのか…

K1IM6696_20170305174727719.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


続きはContinue Readingからどうぞ。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-DA★_55mmF1.4_SDM smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

WHAT'S NEW?