Ruined Hideout

 20, 2017 01:54
大学時代、
気晴らしのため、友人の相談にのるため、淹れたてのコーヒーを飲みながら流星群を見るため、

まるで秘密基地のように親しんでいた巨大な廃墟が、
遂に壊されてしまったようだ。
ReIMGP1987_201707200045504bf.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL



築100年近くを誇るこの巨大な建造物は、
素晴らしい景観を持ちながらも、大学のキャンパス内にあったため全くと言って良い程誰にも知られていなかった。
熱心な廃墟マニアの方であっても多分知らなかっただろう。

学生だった僕らも、キャンパス移転に伴い取り壊されるのを待つだけの建物、
所謂「廃墟」の内部には普通入れなかった。

だがある日、ひょんなことから友人と入り口を見つけて入ることができた。

入って初めて分かったが、この建物は □ の形をしており、中心部に中庭が存在した。
中庭の四方を囲む"巨大な壁"として聳え立つ廃墟を見上げる。
ReIMGP1942_201707200045560d2.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL




日本でも有数の都心部にありながら、
外界と完全に隔絶された中庭では、飛行機と草木を揺らす風以外の音がしなかった。
ReIMGP1952_20170720004557448.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL




中庭の片隅で、3mは有ろうかという巨大なパラボラアンテナが空を向いていた。
ReIMGP1968.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL



かつては最先端の研究に使用されていたのだろうか。

今はツタが巻き、再び使用されることはもう無い。



階段を何度も登り屋上へ出ると、突然都会の喧騒が聴こえるようになり、
時折頭上を飛行機が通り抜ける。
ReIMGP1996_201707200045519ce.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL




屋上から中庭を見下ろす。
右下のパラボラアンテナが小さく見える。
ReIMGP2000_20170720004553df2.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL



当時買ったばかりの一眼レフ付属のズームレンズ(APSC18mm)では、
大きな中庭全体を写す事はできなかった。



遥か下の中庭から懸命に伸びたツタが、屋上で美しく紅葉していた。
ReIMGP2008_201707200045547ae.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL



実は約5年前に同様の記事を書いていたんですが、
来年の大学キャンパス完全移転に伴い遂に壊されてしまったようなので、
当時の写真を使って改めて記事にさせてもらいました。

この写真を撮った時は本当に一眼レフを始めたばかりで、
「レンズなんて他に買う必要あるの?最初についてたやつで十分じゃない?」
「え?F値?なにそれ?」
という感じだったので、
今の撮影機材でまた撮りに行けたらと思ってしまいますが、

それももう叶わぬ夢になってしまいました。


とはいえ、いずれ壊されるのが分かっていたので、当時撮り溜めた写真がまだ沢山あります。

またいつか、この廃墟の写真で記事を書きます。

スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-30 smc_PENTAX-DA_L_18-55mm_F3.5-5.6_AL

文明のあと

 24, 2016 19:00
先日九州に帰省した際に行った遺構、
海底鉱山「向山炭鉱」。

K1IM7507_20161123220549ee7.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


ここは、5年程前記事にした川南造船所(通称:伊万里造船所)からすぐの場所にある。
その川南造船所とは色々と関係があり、様々な歴史を経た炭鉱なんだそうだ。
詳しくはネットで「向山炭鉱」と調べればたくさん出てくるので、気になられた方は是非。
稼動していた頃の写真とかも見つかりますので。



さて、川南造船所には小さい頃から何度も行っていたが、この場所には行ったことが無かった。
道路から見えつつもなんだか地味だし、第一行き方がよくわからなかったのだ。

今回初めてアクセスを試みたが、
K1IM7443_20161123220546149.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


こんな道があったのか。


ネットで調べてもアクセス方法載って無いんだよな…


それから先も一筋縄では行かない道を経て、

何とか到着。
コンクリートの構造物跡だ。
K1IM7530_20161123220543c22.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


満潮時には木の根元あたりまで海水が来るようなので、
干潮を狙って来なければアクセスは厳しそう。

ちなみに砂地の上に落ちてる黒いのは全部石炭です。



海側に目をやると、
K1IM7515_20161123220549801.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


おお!これが噂の海上遺構か…!
道路から見るよりずっと、はるかにカッコイイ。

左端、遠くの方に見える赤い施設は現行稼働中の造船所。
過去と未来ですね。




廃墟に訪れるといつも、当時働いていた人たちの様子とか、そういう景色を想像する。
K1IM7608_20161123220556ab7.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art

当時としては最新鋭の設備を投じて、海の下と陸の上から一生懸命石炭を掘り出してたんだろうなぁ

隣接する川南造船所では人間魚雷の「回天」を作ったりもしてたから、その時もこの石炭が使われたんだろうか。



干潮時間が夕暮れ前だったので、写真を撮ったりしてるとすぐに日が暮れてしまった。
K1IM7615_20161123220557961.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


あの施設の地下深くにある坑道は、今どうなっているんだろう。
もう海水に没しているんだろうけど、
「今日も事故無く頑張りましょう!」と書かれたプレートや労働者達の集合写真がそのままだったり、
水の中で当時のまま時間が止まったようになっているんだろうか。


そんなことを考えながら、日が暮れる前にこの場所を後にした。
K1IM7578_2016112322054416e.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM





海を見ると東を向くこの場所は朝焼けが綺麗だそうだ。

いつか朝焼けを見に、また来よう。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art smc_PENTAX-DA★_55mmF1.4_SDM

ふろんたに橋

 18, 2016 00:19
宮ノ平の吊橋に続き、またスリリングな橋に行ってきた。

K1IM1633_20160817012330386.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]


その名も「ふろんたに橋」
k30img2_20160817012332b90.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR


「国内恐怖の吊り橋ベスト10」という紹介サイトで3位に選ばれてた徳島の山中にある橋である。

前に紹介した宮ノ平の吊橋は2位だったんだけど、ふろんたに橋の方がスリリングな気もした。


だってさ、
K1IM1573_2016081701240013c.jpg
PENTAX K-1 / TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)

足元これですぜ。

宮原の方がしっかりしていたような…。


横から見るとこんな感じ。
K1IM1721_20160817012335f00.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]

ははは。糸みたいな橋だなオイ。


いやコレ絶対宮原の方がシッカリしてたって。



そして今回も宮原よろしくスッケスケ。
k30img1_20160817012334d35.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR


高さは宮原の方が高かったかな。橋の長さも長かったし。

そういう意味では宮原の方が恐怖度は上なんだろうか。
どっちにしろ落ちたらタダでは済まないけど。


床板、というか床網が所々剥がれてめくれ上がったりしてたので念のため中心鉄骨部分を歩いた。
K1IM1666_20160817012355b81.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]


鉄骨と言っても全然太くないので、歩くたびにキシキシ鳴りながらたわむ。

いやぁこれはなんとも、はっはっは。ういやつめ。


まぁでも、足元を吊り上げてる針金は切れてないし、大丈夫じゃないでしょうか(希望的観測
K1IM1654_20160817012358485.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]


「うん、大丈夫だ(多分」
K1IM1613_20160817012329310.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]



そんなわけで徳島はふろんたに橋でした。

紹介しておきながらだけど、行くなら自己責任で!
K1IM1639_2016081701235781f.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]


あ、ちなみに上の写真、写真自体が傾いてるように見えるけど、
実際は手前の床が傾いてますからね。


おしまい。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-FA☆85mm_F1.4_ED[IF] TAMRON_SP_AF_28-75mm_F/2.8_XR_Di_LD_Aspherical_[IF PENTAX_K-30 smc_PENTAX-DA_18-135mm_F3.5-5.6_ED_AL[IF]_DC_WR

土倉鉱山跡 再訪 後編

 11, 2016 00:00
前編から続き。
土倉鉱山です。


なんだかアンコールワットみたい。
IMGP6164fix_20160709004901f46.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


藪もヘビも掻い潜って上層へ。

見晴らしがいい。
IMGP6088_201607090007348b2.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM


どう使ってたかよくわからない遺構も。
IMGP6116_201607090007474bf.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM

上にベルトコンベアでも通してたのかな。




こっちはかなり巨大な構造物。
IMGP6133_2016070900074824d.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA 35mm F2.4 AL

どういう構造物の跡かはやっぱり分からないけど、
朽ち果てた人工物は何故か感情をゆさぶるものがあります。



IMGP6167_20160709000744a16.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


窓の跡?に座って撮り合い。

IMGP6186_201607090007452c3.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA 35mm F2.4 AL



ハーフチューブ状構造物の中から。
IMGP6190_20160709000757a53.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA 35mm F2.4 AL



そんな感じの遺構探検
IMGP6238_201607090007548df.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


楽しかったー!
IMGP6263_20160709000756dd8.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


もうあと何十年か経ったら
何があったかわからないくらい朽ち果てて自然の一部になるんだろうか。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-DA_35mm_F2.4_AL smc_PENTAX-DA★_55mmF1.4_SDM

土倉鉱山跡 再訪 前編

 09, 2016 01:24
梅雨の最中、再び土蔵鉱山跡を訪れた。

沖島行った日の午後です。

IMGP5996_20160709000737b25.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL


沖島からフェリーで堀切港に戻り、
高速乗って一路北は滋賀県、福井県、岐阜県の県境辺りにある「土倉鉱山跡」へ

IMGP5917_2016070900072274f.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]


1時間半程で到着。

梅雨の癖によく晴れてて最高のコンディションでした。

IMGP5922_20160709000724d1a.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL

前回バイクで行った時は天気悪かったからなぁ…

以前訪れた時は草木が少なくて全体がハッキリしてたけど、
数ヶ月経って木々が生い茂っていた。

まるでラピュタですね。



かくれんぼしたら、いくらでも隠れるところがありそう。
IMGP5946_2016070900072539d.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL


かつてはここで大勢の人が働いていて、側に集落ができていたそうだ。


鉱山が停止して長い時間が経過った現在は、
朽ち果てたコンクリート建造物が残るのみとなっています。

IMGP5971_20160709000719922.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL



そんなかつての栄華を探索。

IMGP5978_20160709000721292.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL

穴があったので入ると、


晴れた日でも水が滴る謎のトンネル。

中はT字路になってて、天井から何か出していたと思われる構造物があったり。

真上にシックナーがあるので、残渣泥等をこのトンネルに落として外に運んでいたのかもしれない。


IMGP5986_2016070900073589a.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL


トンネルを後にして先に進む。
IMGP6021_2016070900073107e.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL


廃墟を藪を掻き分け、壁をよじ登り進んでいくと、

足元にヘビが!
IMGP6076_20160709000732f6c.jpg
PENTAX K-1 / TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO[1:1](Model72E)

久々に見たなぁヘビ。

ブッシング中はやっぱり彼らに気をつけないとね。

後編に続く。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-FA_35mm_F2_AL smc_PENTAX-FA☆85mm_F1.4_ED[IF] TAMRON_SP_AF_90mm_F/2.8_MACRO[1:1](Model72E)

WHAT'S NEW?