土倉鉱山跡 再訪 前編

 09, 2016 01:24
梅雨の最中、再び土蔵鉱山跡を訪れた。

沖島行った日の午後です。

IMGP5996_20160709000737b25.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL


沖島からフェリーで堀切港に戻り、
高速乗って一路北は滋賀県、福井県、岐阜県の県境辺りにある「土倉鉱山跡」へ

IMGP5917_2016070900072274f.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]


1時間半程で到着。

梅雨の癖によく晴れてて最高のコンディションでした。

IMGP5922_20160709000724d1a.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL

前回バイクで行った時は天気悪かったからなぁ…

以前訪れた時は草木が少なくて全体がハッキリしてたけど、
数ヶ月経って木々が生い茂っていた。

まるでラピュタですね。



かくれんぼしたら、いくらでも隠れるところがありそう。
IMGP5946_2016070900072539d.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL


かつてはここで大勢の人が働いていて、側に集落ができていたそうだ。


鉱山が停止して長い時間が経過った現在は、
朽ち果てたコンクリート建造物が残るのみとなっています。

IMGP5971_20160709000719922.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL



そんなかつての栄華を探索。

IMGP5978_20160709000721292.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL

穴があったので入ると、


晴れた日でも水が滴る謎のトンネル。

中はT字路になってて、天井から何か出していたと思われる構造物があったり。

真上にシックナーがあるので、残渣泥等をこのトンネルに落として外に運んでいたのかもしれない。


IMGP5986_2016070900073589a.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL


トンネルを後にして先に進む。
IMGP6021_2016070900073107e.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-FA 35mm F2 AL


廃墟を藪を掻き分け、壁をよじ登り進んでいくと、

足元にヘビが!
IMGP6076_20160709000732f6c.jpg
PENTAX K-1 / TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO[1:1](Model72E)

久々に見たなぁヘビ。

ブッシング中はやっぱり彼らに気をつけないとね。

後編に続く。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-FA_35mm_F2_AL smc_PENTAX-FA☆85mm_F1.4_ED[IF] TAMRON_SP_AF_90mm_F/2.8_MACRO[1:1](Model72E)

WHAT'S NEW?