安宅海岸

 13, 2017 00:00
北陸出張でレンタカー借りて仕事をして、夕方前に仕事が終わった。
さて駅で車返してサンダーバード乗って帰るか~ と思ったら直近の電車は1時間後。

うーん、暇だなぁ どうしようかな
BOOK・OFFでもいくかな、 うーんでもせっかく車あるし…
あ、そういや近く海だな。とりあえず海行ってみよう、

と言うことで海に向かって適当に走ると、安宅海岸(あたかかいがん)に辿り着いた。
DSC_0519-5_201710112020398e4.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F



海に向かう道の果てに駐車場があったので駐車して外へ。
でも周りに見えるのは防砂林ばかりで肝心の海が見えない。

海を求めて少し歩いて探してみると、
DSC_0491-1_20171011202034985.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F




海岸一面のフェンスが一部が壊れて通れるようになっていた。

うむうむ。良い雰囲気だねぇ。 

仕事で来てたから一眼レフなんて当然持って無かったけど、
撮影欲が抑えられずスマホでパシャパシャ撮った。





革靴とスーツで破れたフェンスをくぐって海岸へ。

DSC_0496-2_201710112020360a2.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


砂と礫が混じった浜。
全体の雰囲気が何となく灰色っぽいのが、日本海らしい、と言うところなんだろうか。


ふと、もしかしたらメノウかヒスイがあるかも?
と足元の礫を幾つも拾って見て見たけど面白そうなのは無かった。


石探しは早々に諦めて振り返ってみると、
DSC_0497-3_201710112020361df.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F



あー 秋の空が綺麗だな。

北陸は曇りか雨ばかりって聞いてたけど、
僕が北陸出張行ってる間は運良く晴ればかりで、天気が悪いイメージが殆ど無い。




さて、そうこうしてたらあっという間に電車の時間が近付いてきた。

じゃあ帰るか、と思って踵を返すと、
黄色くて可愛い果実が。
DSC_0511-1-2_201710112128035e1.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


ハマナスの実か…?いやでもそれにしては…。

何の実かはよくわからないけど
背景ボケさせてそれっぽく撮るためにスマホを黄色い実へ超接近させてパシャパシャやった。
風が強くて揺れまくるもんだから中々上手く撮れず何枚も。

傍から見たら変な奴だったろうなぁ。スーツで浜に生えてる雑草にスマホ近付けてパシャパシャやってて。
まぁ誰も居なかったけどさ。



謎の実もそこそこのが撮れたので車に戻って一路駅へ。
結構ギリギリ時間になってしまった。ヒェー

そんなこんなで帰路についた。

ところでこの安宅海岸、前記事にした「雨晴海岸」と同様、源義経に縁がある地なんだそうだ。
423552_20171011210111373.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F

423553_20171011210109729.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F

423551_20171011210111b29.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


詳しくは上の看板に書いてある物語を見て貰えればと思うけど、
駐車場すぐの場所にあった看板にこんな事が書いてあったから、
秋の空気と相まって、安宅海岸は何となく寂しくて味わい深い場所に思えた。


またいつか、一眼レフ持って来れたらな。



人気ブログランキング
スポンサーサイト

Tag:Xperia™_Z1_SO-01F

中国の車窓から

 18, 2017 01:27
こんにちは。中国から帰ってきました(カメラは持って行ってない)。

帰ってきたらすぐ、通常通り土日撮った一眼写真で記事書こうと思ったんですが、
中国で見た事を書き留めて置きたく、今回は半ばメモ代わりに。

今はハッキリ覚えてても、時間が経つと思い出せないくらいに忘れちゃうからね。
大阪→中国の機内で「君の名は」を見たんでね。益々そういう気持ちが強くなるよね。君の名は面白かったなぁ

今スマホで撮った写真をパラパラめくりながら書き留めたいと思った事はこんなもん。
(1)、絵になる風景が広がっている。
(2)、空き家がやたらと多く、その景観が情緒的。
(3)、野良鶏や牛がいる。
(4)、風油精の瓶がかわいい
(5)、濡れた路面を走行する場合、ハザードを点灯し続ける。
(6)、洗面台や浴槽の栓は押しボタン式が結構多い。
(7)、お茶が甘い


今回中国国内を車、新幹線、飛行機、地下鉄で3,000km以上移動したので、
その際に窓から見て、時には降り立って感じた事です。
338474.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


ただのメモなので本当に大した事は書いてませんし写真も移動中にスマホで流し撮りしたものですが、
もしそれでも続き(詳細)を見たいと思って下さる方はContinue Readingからどうぞ。

Tag:Xperia™_Z1_SO-01F

工場地帯の夕暮れを

 19, 2017 19:15
ヤバイ

今日ブログ更新したかったのに予約した記事も何もない…!しかも今出先…

と言う事で今スマホで撮りました。
スマホポチポチ操作してブログ記事書くの初めて…
20170519190354f23.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


スマホ写真で記事書くの小舞子浜以来ですが、いつもと違う工夫とかして何だか楽しいですね。

2017051919035501b.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


工場地帯の夕暮れはシルエットがかっこいい。


20170519190355a98.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


送電線が立ち並ぶ。
20170519190356893.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


もうすぐ日没。
20170519190353a60.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


そして今、乗った電車の最後尾から振り返ってみると、もう日が沈んでいました。
2017051919035427e.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


最近随分日が長くなりましたね。

もうすぐ夏か




関係ないけどスマホで記事書くの結構大変なんですね。

小舞子浜の時はスマホ写真使ってパソコンで記事書いたから楽だったんだよね…笑

おしまい。

Tag:Xperia™_Z1_SO-01F

小舞子浜にスーツで

 29, 2016 00:00
お仕事で行った先にあった、
石川県は小舞子浜にて


321_20160127002715588.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


小舞子浜、渚百選に選ばれてるだけあって とても景色が綺麗だったんだけど、
残念ながら仕事で来たので一眼レフなんて持ってなかった

ので、スマホで頑張ってそれっぽくなるように撮ってみた。


9540_2016012700273971d.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


小舞子浜は貝殻がほとんど落ちてなくて上の写真撮るのに一苦労。

満潮だったから、とかそういう理由かもしれないけど、
不思議なくらい貝が少なかった。


4032_201601270027171c3.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F

貝があまりにも少ないので松ぼっくり。

スマホも頑張って撮ると結構いい感じになるもんですな。
物凄く小さなカメラなのに、技術革新ってすごい。



4913_20160127002718e8e.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


あ、そうそう、
小舞子浜の手前は松林なんですよ。

この松林抜けると

5029_201601270027204ea.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


向こう側にパァッと広い広い砂浜が広がるわけです。

5284_20160127002721522.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


夏は海水浴客で賑わうんだろうなぁ…

6296_20160127002738031.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


そんな思ってたら海水浴施設の廃墟があった。

賑わいそうなもんなのに、何でココ廃業しちゃったんだろう。
意外と海水浴客は少ないんだろうか


良く晴れてたけど、実はこの日台風の影響で物凄く風が強くてね

9804_20160127002741cbd.jpg
Xperia™ Z1 SO-01F


足跡の上をビュンビュン砂が飛んでましたよ。



またいつか、今度はちゃんとしたカメラ持って来てみたいなぁ…。



おしまい。

Tag:Xperia™_Z1_SO-01F

WHAT'S NEW?