Ruined Hideout

 20, 2017 01:54
大学時代、
気晴らしのため、友人の相談にのるため、淹れたてのコーヒーを飲みながら流星群を見るため、

まるで秘密基地のように親しんでいた巨大な廃墟が、
遂に壊されてしまったようだ。
ReIMGP1987_201707200045504bf.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL



築100年近くを誇るこの巨大な建造物は、
素晴らしい景観を持ちながらも、大学のキャンパス内にあったため全くと言って良い程誰にも知られていなかった。
熱心な廃墟マニアの方であっても多分知らなかっただろう。

学生だった僕らも、キャンパス移転に伴い取り壊されるのを待つだけの建物、
所謂「廃墟」の内部には普通入れなかった。

だがある日、ひょんなことから友人と入り口を見つけて入ることができた。

入って初めて分かったが、この建物は □ の形をしており、中心部に中庭が存在した。
中庭の四方を囲む"巨大な壁"として聳え立つ廃墟を見上げる。
ReIMGP1942_201707200045560d2.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL




日本でも有数の都心部にありながら、
外界と完全に隔絶された中庭では、飛行機と草木を揺らす風以外の音がしなかった。
ReIMGP1952_20170720004557448.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL




中庭の片隅で、3mは有ろうかという巨大なパラボラアンテナが空を向いていた。
ReIMGP1968.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL



かつては最先端の研究に使用されていたのだろうか。

今はツタが巻き、再び使用されることはもう無い。



階段を何度も登り屋上へ出ると、突然都会の喧騒が聴こえるようになり、
時折頭上を飛行機が通り抜ける。
ReIMGP1996_201707200045519ce.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL




屋上から中庭を見下ろす。
右下のパラボラアンテナが小さく見える。
ReIMGP2000_20170720004553df2.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL



当時買ったばかりの一眼レフ付属のズームレンズ(APSC18mm)では、
大きな中庭全体を写す事はできなかった。



遥か下の中庭から懸命に伸びたツタが、屋上で美しく紅葉していた。
ReIMGP2008_201707200045547ae.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL



実は約5年前に同様の記事を書いていたんですが、
来年の大学キャンパス完全移転に伴い遂に壊されてしまったようなので、
当時の写真を使って改めて記事にさせてもらいました。

この写真を撮った時は本当に一眼レフを始めたばかりで、
「レンズなんて他に買う必要あるの?最初についてたやつで十分じゃない?」
「え?F値?なにそれ?」
という感じだったので、
今の撮影機材でまた撮りに行けたらと思ってしまいますが、

それももう叶わぬ夢になってしまいました。


とはいえ、いずれ壊されるのが分かっていたので、当時撮り溜めた写真がまだ沢山あります。

またいつか、この廃墟の写真で記事を書きます。

スポンサーサイト

Tag:PENTAX_K-30 smc_PENTAX-DA_L_18-55mm_F3.5-5.6_AL

Light roomの威力

 12, 2017 19:00
Light roomの威力を検証。

IMGP4009-1_20170212164533900.jpg
PENTAX K-30 / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM



Light roomでの現像がどんな感じか
過去にペンタックス付属のSilky pixでRaw現像した青龍窟の地底河川写真と比較。
上の写真はLight room。

こちらは過去にペンタックス付属Silky pixでの現像
IMGP4009fix2_20170212004553680.jpg
PENTAX K-30 / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


色味変えちゃったし、好みの問題もあると思うけど、
Light roomの現像の方が透明感出てません?それにLight roomは本当に色々できる。部分修正したり。
ペンタック付属SIlky pixは僕が使った限りではできる事が少ない気がするし、
何よりクッソ重いから8年前のポンコツパソコンには辛い…笑

Silky pixの方が色は好きだけどね。水に反射したオレンジとか。


同じく青龍窟のシャワーにて。こちらがLight room現像写真。
IMGP4007-1_20170212004027f8a.jpg
PENTAX K-30 / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM



こちらはペンタックス付属Silky pix。
IMGP4007fix2_2017021200455269b.jpg
PENTAX K-30 / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM



Light room使うとなんというか、
暗くて見えない細かいところ鮮明にできたり、洞窟写真にはうってつけかもしれんですな。

ただまぁ、Light room使う時気をつけないと、他のLight room写真と似たより寄ったりなっちゃいますね。
最近、
「あぁ、、、パラメータいじり過ぎていかにもLight roomで現像しました!って感じの写真になっちゃった」
って思ったり、
「あぁ、この写真Light room使って現像したんだろうな…」
って感じの写真沢山見る、気がする。



ちなみにペンタックスのカメラが最初から吐き出す優しい感じの絵がとても好きなので、
洞窟とか星景とか、暗い場所の写真以外では、実はLight roomを使う事が殆どないのです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-30 SIGMA_8-16mm_F4.5-5.6_DC_HSM

ファンタ飲んで猫

 10, 2016 19:00
2年半前
相ノ島にて。

IMGP9455_20161109000403225.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


ファンタのCMではないです。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

Tag: PENTAX_K-30 smc_PENTAX-DA_L_18-55mm_F3.5-5.6_AL

廃鉱山傍の未知鍾乳洞

 14, 2016 19:00
2014年、学生最後の3月に鉱物を求めて行った日之影。

詳しくは後輩が部のブログに書いてくれてるけど、

この日は鉱物だけじゃなく、名も無い未踏の鍾乳洞も尋ねたんです。
IMGP2017_20161013230003426.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR


2014年、九州の山奥ではまだ梅が咲いていた3月頭、
IMGP1850_2016101323000536c.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR


学生最後に後輩達を鉱物活動に連れて行こうと思い、宮崎県は日之影の山奥へ。

ここには大きな水晶や、
IMGP4725_20161013230026a44.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


緑色のガーネット、黄鉄鉱等が結構落ちている。
IMGP4729_2016101323002859d.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

それに自然も豊かで、
IMGP1905_20161013230006fa9.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR



ツチグリも。「ブフォァ(胞子放出音)」
IMGP1911_20161013230002e32.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR



そんな山奥の鉱山跡を少し外れた所には、
九州でずっと洞窟やってても全く聞いたことが無いカルスト地形(石灰岩地帯)が広がっていた。
IMGP4657_201610132300173b5.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


これより前の日だが、初めてここに来た時はビックリして、暫く眺めまわしていた。
すると、
IMGP2051_2016101323001935b.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR


なんと洞窟があった。

IMGP2053_20161013230021ce2.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR


恐らく未発見の洞窟だ。 
※洞窟は調査・発表がされない限り未発見扱いで、第一発見者(調査者)に命名権が生じる。

予期せぬ出来事で装備が不十分だったため、発見時は少し中を見て帰ってしまったが、
この洞窟はもしかして大きな空間に繋がってるんじゃないか、とずっと気になってしょうがなかった。


それでこの日はこの場所にも再訪してみた。
IMGP4587_20161013230016052.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

洞窟は入ってすぐはまずまずの大きさだが、
数m進むと普通に歩いて行ける道は行き止まり、地底へ細いクラックが伸びていた。

そのクラックは人が一人ギリギリ入れるか?という大きさだが、
強力なライトでも底を照らせないほど下に続いていた。


入って探ってみたかったが、
もしもクラックの下が巨大な空間になっていたら、、、

落ちて大変な事になるか、怪我をしなくても登り返せなくなる恐れがある。

そうじゃなくともクラックが思いの外小さく詰まって出れなくなる可能性もあったため
泣く泣く調査を断念した。




ただ、その洞窟は、グリーンガーネットを多く産出したと思われる坑道(崩落)の延長線上にあった。

もしかしたら、この未知洞窟の奥には、壁面にガーネットが輝く空間が広がっているのかもしれない…


そんな思いに後ろ髪を引かれながら、僕は社会人になり九州を出た。


いつか、またあそこへ行ってあの洞窟を調査できる日がくるだろうか
IMGP4523_20161013230014494.jpg
PENTAX K-5Ⅱ / Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Tag:PENTAX_K-30 PENTAX_K-5Ⅱ SIGMA_8-16mm_F4.5-5.6_DC_HSM smc_PENTAX-DA_18-135mm_F3.5-5.6_ED_AL[IF]_DC_WR

相ノ島の猫 ~ジャンピング編~

 04, 2016 19:00
福岡にある相ノ島というところは猫の楽園として地元では有名で、

なんと島民の数より猫の数の方が多い島なのだ。

約3年前、片道500円弱のフェリーに乗って20分くらいで島へ。


船から下りてすぐは意外と猫が居ないが、
隠れ場所や集会所にたくさんいるのである。



ネズミのおもちゃとかもってくともう、
IMGP8508_20151219082458296.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 55-300mm F4-5.8 ED


こんな感じになる。

ネズミの人形に夢中な子猫。
捕まえようと必死である。
IMGP8478_20151219082544191.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 55-300mm F4-5.8 ED


なかなか捕まえられないので、いっそ打ち返したり。

IMGP8455_20151219082621d49.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 55-300mm F4-5.8 ED

「ホームラン」



しかしようやく最後に
IMGP8463_20151219082620ba5.jpg
PENTAX K-30 / smc PENTAX-DA L 55-300mm F4-5.8 ED

とても大事そうに抱えている。
よかったね。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

Tag: PENTAX_K-30 smc_PENTAX-DA_L_55-300mm_F4-5.8_ED

WHAT'S NEW?