杵島炭鉱第四坑 通風坑跡

 27, 2020 20:00
ブログ放置しすぎて何を書いて何を書いてないかよくわからなくなっているので、
確実に載せてない新しい写真から。


まずは杵島炭鉱第四坑における通風坑跡。

K1IM4771-3_202002260030050cb.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



佐賀県杵島郡大町町にあるこの廃墟、
かつてこの地の地下に坑道を張り巡らせていた「杵島炭鉱」への空気循環を担う設備だったようです。

鍾乳洞は水の流れで出来ているので、大抵の場合空気の流れが有り、酸素が無いなんてことは殆ど無いけど、
坑道は人工的に穴を掘っているので自然な空気の流れがあるとは限りません。
そこでこういう空気を送る施設が必要になるんですね。

K1IM4797_202002260030077b4.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



上の写真、何となく扇風機の枠みたいに見えません?
(あ、真ん中にいる白黒の犬は半年前からうちにきた犬(名前:クゥ)です。詳しくはまた別の機会に…笑)

ここに巨大な送風機があったんでしょう。

この送風機の脇には
K1IM4770_20200226003012d61.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE


この二つの通路が続いています。

片方が送気で、片方が排気?想像ですが…

ちなみに右の通路の先にある円形のこの穴 (光の具合で♡みたいになってる…笑)
K1IM4818_20200226003009b32.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



この穴から左の通路の壁を見るとこんな感じになっています。
K1IM4822_2020022600301165a.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


壁の穴は送風機を固定していた穴かな?
とすると左の通路は閉塞してて、右の通路は解放してたのかな?
送気と排気の関係…?



さて、この2つの通路の奥(これまでの写真で言えば手間)はこんな感じになってます。
K1IM4783-2_20200226005414a45.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

K1IM4809_2020022600535741b.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


穴が途中で塞がれていますが、恐らくこの先は斜洞になっていて、地下坑道に繋がっていたのでしょう。

このコンクリートの向こうには今でも穴が続いているんだと思うと何だかワクワクして行ってみたくなってしまいますが、
いくらか進んだら水没してそうですね。



送風機設置場所から続く通路の上からは蔦が垂れて来ていました。

K1IM4813_2020022600300865c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art

K1IM4815_20200226010555c06.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art

時の流れを感じますね。



人が入るには小さすぎる通路?も。
高さは50cmくらい。
K1IM4802_20200226003014f85.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


何の用途だったんでしょうね。


ということで杵島炭鉱第四坑 通風坑跡でした。

この施設跡が再び使用される事は未来永劫無いのでしょうが、
過去を想像することができる貴重な遺構として、これからも残ってくれたら嬉しいですね。
K1IM4838_20200226010557ef8.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art






スポンサーサイト



Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art SIGMA_15mm_F2.8_EX_DG_DIAGONAL_FISHEYE

地底湖の青い光

 25, 2020 21:59
放置しすぎぃ!

はい。お久しぶりです。

色々あってまたブログに触れていませんでした…

IMGP6019_202002252156011a3.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


一度ブログから遠のくと全然触らなくなってしまいますね…
でも時間ができたので、またちょくちょく更新していく予定ですよ。
これ言うの何度か目なような気もするけど…笑


とりあえず今週また更新します。

あ、写真は某洞窟の最深部にある大きな滝が枯れてる時期に撮った1枚。
雨が多い時期には大きな滝が出現します。

滝が無い時は滝壺の地底湖が静かなので光らせて撮ってみました。

どうでしょう?

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

Amber Sky

 28, 2019 03:30
先日琥珀を見付けた。

IMGP8458-2_20190528023626466.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



英語ではAmber(アンバー)。宝石としてはこっちで聞く事も多いのかな?
樹木に含まれる樹液が化石となり鉱物並みの硬度をえた宝石で、日本では岩手県の久慈市や千葉県の銚子市が産地として有名

とされているんですが、結構福岡でも見つかるんですよね。

樹液が化石になったのが琥珀なんだから、樹木の化石である石炭が沢山ある場所にはあるんじゃない?って探したら有ったんですよ。
福岡には多くの炭鉱が存在していましたが、その中でも筑豊炭田という所がかなり大きくて、戦前は日本の総石炭産出量の6割をここだけで出していたそうです。

そんな場所のボタ(不要鉱物捨て場所。鉱物探しで良く言うズリ)山に行けば今でも琥珀あるかも?


って当たり着けて探したらあったわけですよね。これが数年前の話。
P3132564_20151205002305e57.jpg




琥珀を見付けるのは今回が初めてではなく、数年前に後輩と琥珀探しに出かけた際に見つけてはいたんですが、
僕の横で後輩が親指を超えるサイズの琥珀(上の写真)を見付けてしまったために、いつか僕も大きくて綺麗なものを…と思ってました。



そんでリベンジに行ってみたら良い所見つけましてね。

こんな感じで石炭の中にオレンジ色に光る琥珀がキラキラしてる場所を発見。

IMGP8400_20190528023623554.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR




ちょっとわかり難いけど、石炭の断面には層状構造が見られて、その間に琥珀がはまっている事が多い。

IMGP8504_201905280236278f3.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR




だから石炭をパッと見ただけでは中々琥珀が有るかわからないんですよね…
表面に琥珀色の斑点が多い石炭は琥珀を内包している事が多いかな?ってくらい。


ところで、見つかる琥珀は層状構造をしているものが多い。
IMGP8422-2_20190528023624be0.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



もしかしてコレ、コーパルという若年性(と言っても数百万年前の樹液の化石)の琥珀なのか…?

古く熟成が進んだ、所謂琥珀は食塩水に沈み、アルコールで拭いても白濁しないが、
コーパルは食塩水に浮き、アルコールで拭くと白濁するという。

また、琥珀は熟成が進んでいるので経年劣化しないが、コーパルは手元に置いておくと経年劣化してひび割れてくるらしい。
上の写真は石炭の中から見つけ出してすぐ撮った写真だから、経年劣化した結果生じたのかなんなのか分からないけど、ちょっと不安になっちゃいますね。

日本の石炭の多くが2千5百万年~6千万年前に出来たそうだから、この琥珀も同時期にできたものならちゃんと琥珀であってコーパルじゃなさそうだけど…

まぁ夕焼け空みたいで綺麗だから例えコーパルだとしても良いんだけどさ
IMGP8476-2_20190528033603824.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR



でもうーん…今度アルコールで表面拭いてみるか…

※後日アルコールで拭いてみる、というか無水アルコールをぶっ掛けてみましたが白濁もネバネバもしませんでした。
コーパルじゃなくてちゃんと琥珀みたいですね。良かった良かった。

Tag:PENTAX_K-1 smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR

平戸の青

 22, 2019 00:25
PENTAXに関する色々な情報等を素敵な写真付きで定期的に発信して下さっている「pentax memo」というサイトをずっと訪問させて頂いているのだが、5月は九州へいらっしゃったようで、良く知る場所の写真が沢山並んでて嬉しくなった。

特に5/16の記事に載っていた長崎県の「平戸」は、丁度僕もGWに遊びに行ってたので尚更。
IMGP2496_20190522000945a2c.jpg
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR


平戸は知られざる美しい棚田が沢山有るんですよね。

佐賀の棚田が物凄く有名になって人だかりができているけど、こっちの棚田も海に面してるし西向きだし、
撮影したら面白いんじゃないかなと思う。
IMGP2506_2019052200094712e.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE


平戸は小さい頃から何度も遊びにきつつも、
棚田は今回昼に一度行っただけで、まだ夕日も星空も撮った事無いけど…




棚田だけじゃなくて、平戸は海も青くて綺麗でね。
IMGP2325_20190522000948e8c.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



平戸は東京大阪はおろか、福岡や長崎市内からもアクセスが良くないので
「鎖国中でも貿易をしていた」
とか以外ではあまり知名度が高く無いけど、

空や海を撮ったら綺麗だろうなと改めて感じたGWでした。
IMGP2368_20190522000944359.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


いつか機会見つけて、星景写真を撮りに行きたい…。

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art smc_PENTAX-D_FA_Macro_100mm_F2.8_WR SIGMA_15mm_F2.8_EX_DG_DIAGONAL_FISHEYE

廃鉱山調査活動 その1

 12, 2019 01:57
どうもこんにちは。

まーた間があいちゃいましたね…。
3月1度もブログ書いてない…。

その分、今回はかなり濃い内容の記事をば。

「廃鉱山調査」について、です。

IMGP4118_20190412015227858.jpg
PENTAX K-1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



結構学術的な観点で文章書いてる部分も多いので、読むのがめんどくさい人は文字読み飛ばして写真パラパラめくりながら見て下さればと思います。笑

それでは本文(続き)は下のContinue Readingからどうぞ!

Tag:PENTAX_K-1 SIGMA_35mm_F1.4_DG_HSM_Art

WHAT'S NEW?